西銘駿「塩野くんがいないと不安で(笑)」『Re:フォロワー』西銘駿×塩野瑛久インタビュー【前編】

掲載/更新 0
IMAGE
――後輩からこんなに慕われて、先輩としてはいかがですか?

塩野 もちろん、嬉しい限りです(笑)。
僕も最初にドラマでの共演を聞いた時は単純に嬉しくて、僕なら駿の持っているものも活かせるだろうし……今までなかなか駿が挑戦したことのない役どころだと思うので、そこで駿がどんなお芝居をしてくるのかが楽しみであり、先輩として「化けてほしいな」という気持ちもありました。そしてもちろん、「負けられないな」という気持ちも!

ふたりが役柄で意識していたことは?

――そんなお二人が演じる役柄ですが、西銘さんが演じる池永一十三(いけなが ひとみ)は「クレシダ」のリーダーであり、普段は明るさがありながらも過去の影が見える役に。一方、塩野さんが演じる原田優作(はらだ ゆうさく)は、俳優志望の潜入役で、「クレシダ」の中ではチャラい一面のあるキャラクターとなっています。それぞれが演じる役柄と、ご自身を重ねてみていかがですか?

西銘 一十三が明るくはしゃいでいるシーンは、ほぼ西銘のままですね!(笑) 監督の西田さんからも、「一十三は特にはじけてほしい」と言われていたので、「クレシダ」の4人の中でも、はしゃいでいるシーンでは特に明るさを見せるように意識しました。​
でも映像で見ると、優作もかなり明るいというか、すごくハイテンションに見えますよね?

塩野 そうそう。ドラマで通して見ていると、優作のほうがずっとハイテンション!(笑)

西銘 一十三はドラマの中で見ていると、何か影があるような部分がより印象的になっていて。でもそういうシーンは、西銘では正直全く共感できないというか……僕、全然抱えない人なので(笑)。

塩野 アハハ! 悩み事とか、ないの?

西銘 いちいち色んなことに悩むんですけど、一晩寝たら忘れてるんですよ(笑)。だから明るく見せている時の一十三の方が、やっぱり西銘駿には重なる部分ですね。
――対して塩野さんは、優作は俳優志望ということで、実際に俳優として活動されているご自身とも“演じる”ということが共通していますよね。

塩野 実は、“優作が俳優をやっている”ということも、ドラマの後半ではストーリーに関わってくるんです。今のところはあまり裏がないように見える優作ですが、これからドラマ後半で見え方が変わってくると思います。全話を見た後には、もう一度優作の行動を見返したくなるかも……今までは天真爛漫な姿を見せているんですけど、優作のそういった明るい姿が、逆に怖くなってくる部分があるかもしれません。

西銘 ドラマ後半というか、本当に終盤まで展開が読めないと思います!

(インタビュー後編に続く)

前編まとめ

飾らない素直な言葉で気持ちを語る西銘さんと、真摯に作品と向き合っている様子を覗わせた塩野さん。ダブル主演としてそれぞれに作品への自信と責任を滲ませながらも、キャスト同士のエピソードではたっぷりと笑顔を見せて、楽しかった撮影を振り返ってくれました! 続く【後編】では共演者である佐藤流司さん&和田雅成さんとのエピソードも♪

【後編】塩野瑛久「天然の駿に和田雅成くんのツッコミと佐藤流司くんのボケが…(笑)」ドラマ『Re:フォロワー』西銘駿×塩野瑛久インタビュー

番組概要

ドラマL『Re:フォロワー』

【放送情報】
・ABCテレビ(関西)2019年10月6日(日)スタート 毎週日曜 よる11時35分~
・テレビ朝日(関東)2019年10月5日(土)スタート 毎週土曜 深夜2時30分~
※ほか地域でも放送

【配信情報】
・地上波放送終了後、TVer・GYAO!にて見逃し配信あり。

【キャスト】
西銘駿 塩野瑛久
和田雅成 喜多乃愛 谷口賢志 / 中島早貴 原田佳奈 八神蓮 萩野崇
松尾貴史 的場浩司(友情出演)  /  佐藤流司

【あらすじ】
とある図書館に集う4人の美しい男たち。
彼らは図書館でただ暇を持てあましているニートに見えるが、実は世間で話題のSNS「クレシダ」を運営するメンバーだった。

≪「クレシダ」に悩みや不満をぶつけると、選ばれた者だけに「言葉」が与えられ、解決してくれる。≫

そんな噂で、「クレシダ」は圧倒的フォロワー数を誇る巨大インフルエンサーとなった。
しかし、誰もその「クレシダ」を運営しているのが、この4人だとは知らない。
リーダーの一十三が依頼者を選び、公人が言葉を与え、友木が情報収集、優作が潜入。
4人がそれぞれの能力を生かして、SNSの「裏アカ」を使い、依頼者の悩みを解決しているのだ。
しかし、その結果、依頼者が幸せになるかどうかは本人次第。
中には過激な仕置きを受けて社会的に抹殺される人間も…。
そんな「クレシダ」を追うゴロツキ記者の五島は、「クレシダ」というアカウント名が11年前に世間を騒がせた小学生殺人事件、通称「クレシダ事件」と関連があるのではないかと追い続けている。
次第に明らかになる「クレシダ」の目的と、登場人物たちの本当の姿とは…。

【舞台】
2020年6月舞台化決定!
ドラマと同じく、西銘駿、塩野瑛久、和田雅成、喜多乃愛、谷口賢志、佐藤流司が出演!
脚本・演出は西田大輔。東京・大阪での公演を予定しております。

≪ドラマ公式サイト≫
https://www.asahi.co.jp/refollower/

≪舞台公式サイト≫
https://refollower.com/

≪公式Twitter≫
@refollower6(https://twitter.com/refollower6
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません