『ヒプマイ』どついたれ本舗・白膠木簓役 岩崎諒太インタビュー!“大阪愛”にあふれた楽曲にも注目!

――「ヒプノシスマイク」への参加はどのように決まったのでしょうか?

岩崎諒太(以下、岩崎) 「ヒプノシスマイク」は同じアトミックモンキーの大先輩のである木村昴さんが最初から参加されていて、演じられている山田一郎の曲も聴いていました。めちゃめちゃかっこええなと思って聴いていましたし、どんどん大きくなっていくのも見ていたので、まさか自分がオオサカ・ディビジョンとして参加できるとは……。

大阪出身なのもあって、前々からオオサカ・ディビジョンができればいいなとは思っていたんです。それでマネージャーに「オオサカ・ディビジョンをよろしくお願いします!」とか言っていたら、本当にオーディションのお話をいただいて。

事務所で試しに(躑躅森)盧笙も録ってみたんですが、やはり簓だねと絞ってスタジオオーディションに向かいました。セリフと曲の2つをテストしたんです。
曲は歌詞を覚えるまで聴き込んでいたんですけど、オーディション当日、会場へセリフの原稿は持っていったんですけど、歌詞の原稿は忘れてしまって「あ、やっべ!」って。「まあ、覚えてるからええわ!!」ってそのまま歌詞を持たずに歌いました。それが良かったのかは分かりませんが……そんなオーディションでしたね。


――それは印象に残りますね!

岩崎 本当に歌詞がなくて大丈夫なのかと思いましたし、緊張もしました。そんな中だったので、ブースにイヤホンを置き忘れるっていう。
「すいませ~ん! イヤホン忘れました!」って取りに帰ったんですよ、スタッフの方がお食事中のところに(笑)

そんなこともありつつ、まさか受かるとは!!! マネージャーから電話で「受かりました!」って連絡をもらった時は絶句でした。
電車に乗っていたので、一度降りて聞いたんですが……テンションが上がりすぎて逆に冷静でしたね。「ありがとうございます」って返しただけで、マネージャーからは「あれ? あんまり嬉しくないのかな?」と思われたらしいんですけど、めちゃめちゃ嬉しすぎたので、あとで震えました。

ヒプマイ|どついたれ本舗・白膠木簓役岩崎諒太インタビュー!画像3

▲“どついたれ本舗”のCD「あゝオオサカdreamin’night」ジャケット写真。背景が描かれたイラストで、道頓堀を彷彿とさせるオオサカらしい1枚になっています。右手を挙げている例のサインもポイント。

――ご自身が気になるメンバーは、ちなみに誰でしょうか?

岩崎 皆さん気になりますよね、それぞれ個性的ですし……速水(奨)さんもすごいし、事務所の先輩としては木村さんともバトルしてみたいと思いますね。天﨑(滉平)さんも大阪ご出身なのでそこでの絡みというか、バトルもしてみたいですね。
なのでイケブクロ・ディビジョンとバトルしてみたいです! 先輩の木村さんにもブチ当たっていきたいですね!!


――こんなお話しをしていると、真っ先に当たってしまうかもしれませんね。

岩崎 ヨコハマの碧棺左馬刻よりも先に当たっちゃうんですかね!?(笑)

“大阪愛”に満ち溢れた楽曲

28 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは