山本一慶×青木空夢、ルー大柴の可愛さに期待!? 舞台『Run For Your Wife』対談【後編】

憎めないキャラクターばかりで、本当に悪い人はいない

――青木さん演じるトラウトン警部はどんな役ですか?

青木:トラウトンは真面目でピリッとしめるようなキャラクター、いい意味で流されないようにしようかなと。それが作品としての厚みの部分になれればと思っていて、自分の役割や立ち位置を作っていく中でさらに掘り下げて見つけて行きたいですね。色々できそうな気もしていて、考えすぎないように挑んでいこうと思っています。

山本:ザ普通の人のはずなんだけど、この人もジョンに振り回されて。一番気付いて欲しい人なのに一番嘘にひっかかるんだよね、このキャラクターも憎めなくて好き。

青木:(笑)憎めないキャラクターばかりで、本当に悪い人はいないんです。あ、ジョンが一番悪い人なんですけどね。

――山本さんは演出の菅原さんとは何度かご一緒されていますが、どんな方ですか?

山本:すごくビジョンを作って下さる方で、早い時は2日で演出が全部付いてしまうこともありました。かといって役者にすべて押し付けるわけでもなく、その融合の仕方がとても優しくておおらかでビジョンの中で役者の動きを融合させてくれる方です。

ダメ時ははっきり言ってくれるので挑戦もできるし、とても信頼しています。空夢くんもすごくやりやすいと思うので何も考えず自然体で、みんなでいい空気感を作っていけたら。
18 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは