榊原徹士×竹中凌平インタビュー ふたりが王国を作るなら?|舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』

──もし自分が一国の王子になるとしたら、やりたいことはありますか?

竹中 前に、どこかの国で“お昼休みは絶対に仕事しない”っていう文化があるって聞いて……それを(自分の国に)取り入れたいです。

榊原 ヨーロッパの方だっけ。残業も禁止でお昼の時間が2時間半~3時間あるんだよね。日本人は働きすぎ!……って以前ほかで散々話しちゃったから割愛しますが(笑)。

榊原 俺は(国のシステムを)全てクレジットカード決済にしたい。またはDIYの国ですね。何でも買える時代だからこそ、「自分達のものは自分達で作りましょう」みたいな。

竹中 俺、その国絶対住めないな……。

榊原 じゃあ他の国から物を仕入れてくる“営業担当”になって。休暇は多めで。

竹中 やった、それ良い! 王子じゃなくてもいいや(笑)。

榊原徹士×竹中凌平インタビュー2

キエル役:竹中凌平さん

──おふたりで1つの国が作れそうですね! ちなみにお互いかご自身を「王子っぽい」と思うところはありますか?

竹中 それ、むしろ女性に聞いてみたい。

榊原 うん。もし自分のこと「ここが王子っぽい!」と思って言ったら的外れだった……なんてことになったら、すごく恥ずかしい(笑)。あえて答えを絞りだすなら、“稽古場をすごく綺麗に掃除して帰る”ところかもしれません。

──紳士的な王子ですね。

竹中 そんなに自分が王子っていう感覚はないんですよね。

榊原 確かに。あまり自覚なくやってたかも。逆に、稽古中に他キャストの振る舞いを見て「ああ、王子っぽいな」って思うことはありました。みんなやっぱり意識してなくても“王子”になるんですよね。

竹中 うん。マッドハッター役の翼くん(吉澤翼)と、フロスト役の佑くん(吉岡佑)はすごく王子っぽいと思いました。

榊原 背も高いしね。

竹中 ロッソ役の大和くん(古谷大和)は“素の時”がすごく王子っぽいです。特に見た目かな? でも、みんな中身は王子じゃないですよ(笑)

榊原 うん、王子だって中身は普通の男の子と変わらないもんね。
25 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは