北村諒、植田圭輔の印象は「ヤバイやつが来た」!? WEBドラマ『即興演技サイオーガウマ』インタビュー【第2回】

──実際に即興演技をされて、どちらが話の主導権を握っていたという感覚は?

植田 設定書の情報量が多い分、最初のうちは僕だったかな。

北村 僕が演じた「関本春希」のほうは主導権を握れるほどの素材がなかったので、役に則って植ちゃんに乗っかっていくしかなかったです。
──演技中に「やられた!」と焦ったり、「うまくいった!」とニヤリとした瞬間は?

植田 随所にありました。1回目にも2回目にも3回目にも。

北村 「やられた!」っていう瞬間はいっっっぱいありました! まずは初っ端からそうなんですけど(苦笑)。

植田 最初はそうだよね。

北村 設定もそうだし、植ちゃんの演技プランにもやられたし……。
──「15分」という時間はいかがでしたか?

北村 ちょうどよかったかな。

植田 うん。自分で言うのも何ですが、僕らふたりとも周りをしっかり見ているほうなので、時間配分もばっちりだったと思うし。

北村 「残り何分か……」とかお互いに意識しつつ。

植田 「そろそろ締めに入るか」みたいな雰囲気でできたよね。
16 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは