【後編】『ヒプマイ』石谷春貴インタビュー!「兄弟仲がめっちゃよくなりました!」イケブクロ・山田二郎の”変化と成長”

IMAGE

日常にラップが定着

――numanでの石谷さんの最初の単独インタビューは『ヒプマイ』のプロジェクトがスタートしたばかりの時期で、約2年振りになります。これまでを振り返ってみていかがでしょうか?

石谷 2017年に「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」を収録して、それからソロ曲「センセンフコク」を録って、バトル曲の「IKEBUKURO WEST GAME PARK」もあり、アルバムの「Hoodstar」もありました。そして新しいディビジョンが入ってきて、人数も12人から18人へと増えて……

そうした中で、僕としては少しずつ日常にラップが定着してきたなと思っています。ラップソングを自然と聞くようになったり、ラッパーさんの記事を見つけたら読んだり、自分の生活にラップが根付いてきたのが一番大きな変化ですね。

月2回ほどニコ生もやらせていただいていますが、振り返ってみると「なんでこんな普段から韻を考えるようになったんだ?」と思ったり(笑)。
(目の前のペットボトルを見て)もし、お題が水だったら「し・ず・め」とかかなってふっと出てきたり、そういうことを考えるようになってしまいましたね。「どれだけ鍛えられているんだ?!」と思います。

あとは、兄弟仲がめっちゃよくなりました!! 天崎くんが「一二三屋(※2)」に行ってきて、お揃いの靴下を3人分買ってきてくれたんですよ。しかもカラーも赤で統一されていて。ライブ前に練習で、合宿のようなこともしましたね。

※2 一二三屋……韻踏合組合・HIDADDYさんのアパレルショップ。大阪に店舗があり、オンラインショップも利用できます。12月11日放送のニコ生では山田三郎役・天﨑滉平さんがウェアを着用してました。
――以前のインタビューで二郎について“二面性のあるキャラクター”と仰っていましたが、ドラマトラックなどを経て、変化を感じますか?

石谷 二面性は変わってないと思います。ドラマトラックでは番犬っぽさよりも、学校での生活とか、独歩(観音坂独歩/CV:伊東健人さん)との掛け合いや日常シーンがピックアップされていますが……本当に二郎はケルベロスみたいだなと(笑)。
24 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは