廣瀬大介&赤澤燈「タマネギは料理の名脇役!」WEBドラマ『即興演技サイオーガウマ』対談【第3回】

掲載/更新 0
IMAGE
――「15分間ノーカット」という今作ですが、時間配分はいかがでしたか?

赤澤 1回目は短いなって思いました。

廣瀬 1回目はお互いの役柄を分かってない分、相手の情報を引き出す時間で終わっちゃうよね。逆にリトライやリトライ2は時間を見る余裕がありました。
――演じられた即興演技、お気に入りはどの回ですか?

赤澤 リトライリトライ2

廣瀬 僕も。1回目はやっぱり、やり切れていないっていう思いが残っちゃってるので。

赤澤 1回目はほんとに「もう終わり!?」って感じでした。
――お相手の演技で「ナイス!」と思った瞬間を教えてください。

赤澤 けっこうあります。最後の終わり方というかオチなんかも。リトライとリトライ2は、こう終えてほしいと思っていた終わり方をしてくれたので。コメディなので、笑いそうになる感じの終わり方でしたが(笑)。

廣瀬 お芝居慣れしてるなって。

赤澤 自分もじゃん!(笑)

廣瀬 ほんとにすごいなって思って。瞬発力や周りを客観視しているところ、あと無意識だと思うんですが相手がやりやすいようなパスを回してくれるんですよね。

赤澤 それはお互い様だよ。初対面の役者さんなら、そのパスすら感じ取ってもらえない可能性もあるけど、ふたりの関係値があるからよりお互いに分かりやすかったんだと思います。

廣瀬 「今だよ」って背中を押すようなパスをくれるんですよね。
18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません