矢部昌暉(DISH//)、長江崚行が初参加!「劇団アニメ座ハイブリッド」第3弾キャストインタビュー

掲載/更新 0
IMAGE

お笑い芸人✕舞台俳優によるタッグで異空間へ!?

――前回の第2弾公演からわずか4ヵ月後という短い期間で開催される第3弾公演。出演が決まった際のお気持ちお願いします。

若井おさむ(以下、若井) 寿里さんと田中(稔彦)さんは、以前にも出演いただいて、今回も引き受けてくださってホンマ有り難いなと思います。さらに矢部さんと長江さんのお二人が得体の知れないところに……(笑)、引き受けてくださって、こんなに嬉しいことはない、という。

寿里 嬉しいですよね。「劇団アニメ座ハイブリッド」は第1弾から観ている人も、初めて観る人にも異空間なので、その空気感がクセになる人にはたまらないでしょうし、そういう舞台を短いスパンで出来ることは楽しみです。芸人さんとの絡みも毎回違うので、僕は楽しくてしょうがないです!

矢部 台本がまだ決定版はあがってないので、最終的にはどんな感じになるのかとてもワクワクしてます。芸人さんと絡めるのは絶対楽しいだろうな! と。

長江 いざ自分が出る側になると思うと、緊張とワクワクと、本当に得体の知れないところ(笑)に飛び込む不安は感じました。

寿里 安心してもらいたいのは、このまま本番が終わるってことですね(笑)!

長江 何かあるわけじゃなくて!?

寿里 これだ! って思うのはない(笑)! 掴めないままきっと終わるかも!?

一同 爆笑

長江 寿里さんは3回目ですよね? それで見つかってないってことは……!

寿里 今も俺は、何かを探し求めて舞台上を旅しているよ(笑)。
――田中さんは、第1弾の出演に続き、今回の第3弾で2回目の出演になります。「劇団アニメ座ハイブリッド」の魅力はどこにあると感じますか?

田中稔彦(以下、田中) 第1弾で芸人さんと初めて共演させていただいたんですけど、稽古場が面白くて。毎日ショーを観に行っているような感覚で、稽古場に芝居をしに行くというより、笑いに行って帰ってくるという感じです。

第1弾では「テルマエ・ロマエ」のような古代ローマの王国のような雰囲気でしたけど、第2弾は急に、全然違う和モノになっていて、無限に広がる可能性があるなぁと思ったので、第3弾がどんな形になるのかすごく楽しみです。

寿里 衣装が和モノだということは、我々も今日のこの取材で、初めて知りました(笑)

若井 第1弾、第2弾とめちゃくちゃ探り探りやってきて、それで第3弾なので、今回はバチっと、ビジュアル先行で作っておいてと考えていたら……今回がいちばん探り探りに(弱気)……

一同 (爆笑)

若井 でも、最後は、ちゃんと、します……!

長江 不安だ~(笑)。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません