【独占取材】岡本信彦&堀江瞬「岡本先輩を敵にしてはいけない!(笑)」|『ボドゲであそぼ』スペシャルインタビュー

『人狼』で人を騙す悦びに目覚めた(笑)/堀江さん

――ボードゲームを題材とした番組は珍しい印象です。最初に企画を聞いたときにはどう思われましたか?  

岡本信彦さん(以下、岡本さん) 珍しい印象だと思いますが、実は以前にもボードゲームを扱った番組をしていました。元々好きなので、また番組をやれるんだと嬉しくなりました。  

堀江瞬さん(以下、堀江さん) ボードゲームが声優界で流行りつつあるのですが、まだ世の中的にはあまり知られていないかも、という印象を持っていたので「これはボドゲの楽しさを皆さんに知ってもらえるチャンスだ!」と思いました。

――お2人のボードゲーム歴はどのくらいですか? ハマったきっかけと、最初の印象を教えてください。

岡本さん  ボードゲーム歴は15年ぐらい。 高校生の時にインターネット上の掲示板で『人狼』(※1)をやったのがきっかけです。初めてアナログでプレイしたのは『ガイスター』(※2)だと思います。  

堀江さん ボードゲーム歴は3年ほどです。きっかけは『人狼』で人を騙す悦びに目覚めたこと。

※1 “村人サイド”と”村人を襲う人狼サイド”に分かれて戦うゲーム。話し合いや推理で人狼を探り出す。
※2 赤いオバケのコマと青いオバケのコマを用い、チェスや将棋のようにコマを取りあうゲーム。

オリジナルボードゲーム完成への道のり

33 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

2018-10-04まあこ

ホリエルと岡本さんの組み合わせが神すぎる!ありがとうございます!

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは