沢城千春独占インタビュー 『イケメン戦国』豪快さの裏側に二面性が!前田慶次のギャップって? 

IMAGE
――『イケメン戦国◆時をかける恋』では、戦国時代にタイムスリップをしますが、もしご自身が行くとしたら行ってみたい時代はありますか?

沢城 僕はバブル時代に行ってみたいと思います(笑)。バブルに行ったら、例えば、アフレコ収録現場のスタジオ帰りもタクシーで帰れますよね(笑)? 

――そこですか!?

沢城 作品が終わったら打ち上げ旅行はハワイだったり、そんな沸いているイメージですよね(笑)。
声優のお仕事はいまとても盛り上がっていると思うので、もしバブルだったら、どうなってしまうんだろうと興味があるので、行ってみたいです!

みんな、猫をかぶって生きている!?

――前田慶次は、「猫かぶり×傾奇者」がキーワードとなるキャラクターです。それぞれどのようなイメージをお持ちでしょうか?

沢城 傾奇者って、奇抜な格好をしたり、ほかの人がやらないことをやるイメージですよね? 僕自身は一見、破天荒っぽく見られる気がしているのですが、本来の自分はかなり小心者なので、傾奇者とは違うかなと感じました。

猫かぶりについては、家で見せている顔と外で見せている顔って、少なからず違うので、僕を含めて人間はみんな、猫をかぶって生きているのではないか、と思います(笑)。
13 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは