『ヒプノシスマイク』山田二郎役・石谷春貴さんインタビュー――体を鍛えて挑んだ初ライブ!二郎の魅力は"二面性"

山田二郎と有栖川帝統の意外なカンケイ?

――ヒプノシスマイクのキャラクターで特に気になるキャラクターは誰ですか?

石谷 皆クセも個性も強いし絞るの難しいけど、とくに伊弉冉一二三(いざなみひふみ)と有栖川帝統(ありすがわだいす)と夢野幻太郎(ゆめのげんたろう)が気になりますね。一二三はもう、ファンの熱量と「シャンパンタワー」の言いたさ加減がヤバくて! 彼は色々な顔を持っていて、普段の姿と女性恐怖症の姿とホストの姿と……もはや木島(隆一)さんが3人演じているみたいですよね。これからさらに広がるキャラクターだと思います。
帝締は、『センセンフコク』の歌詞に彼に関する言葉が出てくるので気になります。MCネームの" Dead or Alive"とか「すでに投げられた"ダイス"」とか。もしかしたら二郎と繋がりがあるのかなと。ラップバトルで戦ってみたいですね。
夢野幻太郎は、うさんくさい! どこまでが本当なのかなって目を引いちゃうんですよね。純和風なファッションも好きです。キャラクターは語りだすと止まらなくなっちゃうんで、これくらいにしておきます(笑)。

――ファッションのお話が出ましたが、石谷さんはイケブクロ"Buster Bros!!!"のようなストリートファッションはされるんですか?

石谷 もともと服にはあまり興味がなくて、どういう服が似合うのか模索はしているんですけどまだまだ初心者です。僕の叔父がスカジャンとかロックな格好が好きなので、叔父のスカジャンを着てみたことがあるんですけど、ぶかぶかで着られてる感が半端なかったんですよ。その印象が抜けなくて……。
AGFでストリート系の服を着てみましたが、まだ着られてますね(笑)。腰に巻いたチェックのシャツは自前ですが、それ以外は衣装だったので新鮮でした。イベントが終わったあとは僕も昴さんもインナーが絞れるくらい汗だくで、サウナ状態でしたね。

――池袋にはよく行かれますか?

石谷 収録で行くことが多いので、よくご飯を食べます。ちょっと前に『孤独のグルメ』の担々麺屋さんに行きました。お店を開拓するのが好きなんです。
イケブクロ・ディビジョンのメンバーになったので池袋を意識するようになりましたが、実は新宿のほうがよく行きます(笑)。

25 件
A3 600DL3

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは