滝澤諒&徳山秀典、2人の思う”スパダリ”は?|歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子VS完璧王子

――お互いに対する印象はいかがですか?

滝澤諒さん(以下、滝澤):徳さんはルオーシュ同様に完璧王子(パーフェクトガイ)です。

徳山秀典さん(以下、徳山):いやいやいやいや。

滝澤:本当に! オリジナルキャラクターのルオーシュを演じるにあたって、稽古中も演技面で色々なアプローチをされていて。毎日「あ、今日はこういうルオーシュに挑戦してるんだ」と発見があって勉強になります。

徳山:ありがとうございます(笑)!!!  諒くんは20歳と若いんですがプロ意識が高い。読み合わせの段階からナレクの声質や、『ダメプリ』の世界観をすごく大切にしているのが伝わってきてビックリしました。

彼は稽古に対する姿勢や台本の読み込み方も非常にストイックです。 それからセンスが抜群にいい。抽象的ですけどセンスってすごく大事なんですよ。いつも正解を出してくる子です。

滝澤:お互い照れますね、これ。

――年齢層、芸歴など様々なカンパニーですが、稽古場の様子はいかがですか?

滝澤:殺陣師の先生にも「いい現場だね」って言っていただいています。全員が全員にとって居心地のいい空間にしようとしているのかな。先輩・後輩といった関係に縛られることなく、お芝居でも積極的にトライしていける温かい現場です。

徳山:脚本がとても明るいので、テンションがぶわっと上がっていくんですよね。だから無理しなくても、皆が真剣に演じれれば演じるほど明るく、仲良くなれる現場です。

滝澤:そうですよね! お芝居の中でどんどん打ちとけあっていく感覚があります。

――滝澤さんは今回が初座長ですが、先輩方にアドバイスをいただいたりしましたすか?

滝澤:とにかく皆さんに引っ張っていただいています。経験豊富な先輩方ばかりなので、 気負わず、伸び伸びやらせていただいて……。座長として「やらなきゃ!」と意識したことといえば、1番最初に差し入れをしたことくらい(笑)。 「座長だから」というよりは、物語を引っ張っていくナレクとして、先頭に立って世界観を作り上げていきたいです。

23 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは