【考察3】生きている人間のように生々しい。『おそ松さん』1クール目に見る6つ子のキャラ変

【考察3】生きている人間のように生々しい。『おそ松さん』1クール目に見る6つ子のキャラ変

1期よりもさらに原作『おそ松くん』リスペクトを感じられるディープな内容で、視聴者を興奮と混乱に陥れ続けている『おそ松さん』2期。2018年1月放送の14話で、いよいよ2クール目に突入しました。 今回の記事では、折り返し地点に立った『おそ松さん』2期の1クール目(1〜13話)を、“6つ子の変化”に着目して振り返ります。おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松それぞれの、1期とは少し異なるキャラクターの描かれ方をクローズアップしていきます!

コメントを書く

内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。