舞台『RE:VOLVER』ゲネプロレポート――荒っぽい植田圭輔、笑いを封印した磯貝龍虎、感情を殺した安西慎太郎の魅力に迫る

舞台『RE:VOLVER』ゲネプロレポート――荒っぽい植田圭輔、笑いを封印した磯貝龍虎、感情を殺した安西慎太郎の魅力に迫る

植田圭輔さん、橋本祥平さんら2.5次元舞台で人気の俳優陣が集った舞台『RE:VOLVER』。演出家・吉谷光太郎さんの5年ぶりのオリジナル作品としても話題です。2018年10月18日(木)~22日(月)までの東京公演を終え、いよいよ10月27日(土)より大阪公演が始まります。こちらの記事では本作の見どころを、物語の中心を担う3人の登場人物にスポットを当てながらご紹介します。

コメントを書く

内容に責任をもってご投稿ください。
投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。