ツキプロ VAZZROCKキャストがドライブ旅♪『ばずたび』放送決定、見どころを語るインタビューが到着

掲載/更新 0
小林さん:今まで音声のみでやっていたものに絵がついて音楽がついて、本当にみなさんが待ち 望んでいたことだと思うので、それを僕達が作り上げられることをうれしく思います。

そして、アニメオリジナルのシナリオももちろんですけど、OP・ED 楽曲だけで1クールの間に10曲以上の新曲がみなさんに届けられるのが、これはもう脳汁ものだと思いますので(笑)、 その楽曲が出るスピードも楽しんでほしいです。

また、音声のみのドラマとアニメでは尺の制限という決定的に違うものがあって、限られた尺の中で僕達が声を乗せて作り上げていくVAZZROCK の世界はドラマCDとはまたちょっと異なるものだと思います。

そういう新 たな試みを、役者としてもすごい楽しみにしているので、それを全力で届けられるよう僕達も精一杯努めていきますので、全力で受け止めていただけるとうれしいです。楽しみにしていてください。

「ばずたび」収録後インタビュー<ROCK DOWN編>

——『ばずたび』の収録の感想を番組の見どころと合わせてお願いします

河本啓佑さん(以下、河本さん):飲んで食べて遊んで、また飲んで食べてという(笑)。2021 年の ツキプロ48時間生配信で、僕らがやりたいと言ったことをそのままやらせていただいて、 非常に楽しく過ごすことができました。「これ、番組的に大丈夫かな?」というところもあ りましたが(笑)、スタッフの方々の編集の力を信頼して、きっと良いものがお届けできると思っています。

見どころは、やっぱり“山下(誠一郎)くん”!
今回、(ROCK DOWN マネージャー)上月 聡くん役の山下くんがバズロ(VAZZROCK)に加わってから、初めて皆で一緒に集まって、しかもMCという大役を完璧にこなしてくれました。
また有能な人材 がバズロに加わりましたので、その司会ぶりをぜひ見ていただけたらと思います。今後ともますます強くなっていくこのVAZZROCKプロジェクトをよろしくお願いします!

増元拓也さん(以下、増元さん):本当に、まず山下くん。彼とは今日がはじめましてだったんですけど、最初から仕切っていただけて安心感しかなかった山下くんに、これからも全幅の信頼をおきますので、マネージャー業を頑張っていただきたいと思います(笑)。いや、本当に 流石だなと感心しきりでした。

今回の企画は、全員揃ってできれば良かったのですけど、山下くんも入れて5人でもとても楽しかったので、今後ももし機会があれば、もっと楽しいものをお届けできるんじゃないかと確信めいたものを感じています。

見どころはやっぱり、 僕達が大人の旅ということで……
一同:(クスクス笑い)

長谷川芳明さん(以下、長谷川さん):クソガキでしたけどね(笑)。

菊池幸利さん(以下、菊池さん):騒いでしまったなあ(笑)。

増元さん:本当に(笑)。それで、大人の旅ということでダーツやビリヤードをしたのですが、 ここまで人数がいたら、一人ぐらい手練がいてもおかしくないのですが、これがいい具合に みんなの腕前が拮抗していて、ひとり勝ちするやつがいないのが僕ららしいなと思います。

勝負はガチでやっていますが、それでも和気あいあいとした空気になるのが、ROCK DOWNの魅力だなと感じられる旅になっていますので、そのいい意味でのわちゃわちゃを楽しんでいただけたらと思います。本日は本当にありがとうございました。

長谷川さん:今日はただ、みんなで楽しく遊べたっていうのもあるのですが、アニメの収録が始まる前に、山下さんという新しい優秀な人材も加えて、また新しい目線で作品のことを振り返られたのが非常にいい時間だったなと思います。みんなで過去のことを振り返りながら、これからのことを話していくというのは、すごく良い時間をいただけたなと。旅したいなって言ってみるものだなって思いました。
一同:(笑)。

長谷川さん:VAZZROCK をずっと追いかけてくれている人も、これから触れてくれる人も、山下さん含めてどっちの目線もあるメンバーで話すことができたんじゃないでしょうか。
ファンのみなさんも同じ気持ちでこの番組を見て、さらにそのままアニメに入っていけるので、良い時間だったと思います。

それと番組の見どころはですね、(ビリヤードでの)僕のスーパーショットで。

一同:(笑)。

河本さん:あれは確かにすごかった(笑)。

菊池さん:「こういうことしたいね」「ああいうことしたいね」とメンバーの声から始まった企画がこうして形になったということが、VAZZROCKというコンテンツが持っている力や、魅力のひとつだと思います。
またこういった形で何かおもしろいことができたらいいなと未 来のことを考えたり、みんなでこれまでの作品について色々なことを話す中で、「曲に対する想い」や「メンバーに対するイメージ」「人物としての取り組み」に触れられて共有できたのがとても素敵な時間だったなと思います。

そして見どころですが、ロケの中でいくつか大人の遊びをさせていただいたんですけど、それぞれにドラマがあって……。

一同:(意味深な笑い)

菊池さん:そのドラマの具合も、ROCK DOWN の持っている魅力のひとつが詰まっていると思うので、ぜひ番組をご覧いただけたら嬉しいです(笑)。
80 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません