叶恭子様、コスプレ裏話を明かす『男性筋肉マッスルシャツ』って何?現役コスプレイヤーを直撃

美香さんによれば、恭子さんは『バストベルトニッパー』『男性筋肉ボディプレート』『男性筋肉マッスルシャツ』の3点を装着しての撮影だったということ。

いずれもコスプレをしない人にはあまり聞きなれない単語です。
そこで黒崎蘭丸(『うたの☆プリンスさまっ♪』)や氷鷹北斗(『あんさんぶるスターズ!』)のコスプレ経験もある現役コスプレイヤーのAさんに教えてもました。
「男装コスプレイヤーは胸を潰すために、主に“Bホルダー”や“ナベシャツ”と呼ばれる物(女性が男装するために用いる胸つぶしのこと)を使用する人が多いのですが、Bホルダーでも綺麗に潰せる胸のサイズの限界は大体Dカップくらいまでと言われています。

胸は、男性のように平らな胸にするために、Bホルダーの上からガムテープを巻く人や、別のBホルダーを重ねるなど、自分なりに工夫をしている人も多い部分です。

今回、恭子さんはバストベルトニッパー(胸つぶし)に加えボディプレートやマッスルシャツ(加圧シャツ)を使用しているということで、やはりあのファビュラスなロケット型バストを潰されるのには相当な苦労とアイテムが必要だったのではないでしょうか」
男性筋肉ボディプレートは、装着することでより男性的な体のライン(筋肉など)が表現できます。
疑似的に筋肉質な体になれるので、筋肉質な男性キャラクターや胸元が大きく開いたキャラクターにはもってこいですよね。

そして筋肉質になれるということは、胸板も表現できるということ。
"このキャラクターには逞しい胸板があって欲しい!"という女子の理想を叶えてくれる素敵なアイテムでもあります。

装着は個々の自由ですが、あると見栄えもグッと変わるので、使用しているコスプレイヤーも多いアイテム。
恭子さんはボディプレートの上に、更にマッスルシャツを着用されて体を加圧しているということで、より肌に密着した自然な形でラインを表現されている印象を受けました」

美香さんいわく、セクシーなグッドルッキングガイ達の美しいカラダのデザインを普段から見なれ過ぎているという恭子さん。男性のカラダの”パーツ”のデザインについても、相当なこだわりが伺えますね……!
18 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは