中島ヨシキ&住谷哲栄による新ユニット・帷(とばり)1stアルバム収録後のオフィシャルインタビュー到着

3曲目「孤夜の共鳴」

――収録のご感想をお願いします。

中島:スムーズに録っていただいたので、僕の中のこの曲に対するイメージと、作家陣の皆様のイメージとがぴったり噛み合ったのかな、と思いました。士欧と玄尉の、歌を通した喧嘩というか、挑発しあうイメージとのことだったので、そこがハマったのかなと。タイトルは「共鳴」ではあるんですが、反発しあっているイメージもありつつ、ユニゾンのところは綺麗に共存している感じが、帷のユニット感を表現できているなと思いました。住谷くんが先に収録していた声を聴きながらレコーディングできたのもよかったです。


住谷:この曲も……難しかったですね!(笑) 色気満載のセクシーな感じの曲なんだろうなと思ったんですがその色気をどのように表現したらいいだろう……と、色々考えました。「噛みつく感じ」「士欧と挑発しあう」みたいな、演技的なイメージをスタッフの皆さんからいただけたので、玄尉のキャラクターの魅力が表現できたと思います! 二人は曲を通して相手に気持ちを伝えたり、歌を一種のコミュニケーションとしているというイメージで、と伺って、今回はあくまで歌唱のイメージでのお話でしたが、いつかドラマCDとかで実際にそんな話があったら面白いかも。


――楽曲の印象や、聴きどころを教えてください。

中島:聴きどころとしては……もちろん全部かっこいいんですけど、歌の掛け合いっぽくなっているところ。最後のサビ終わりのアウトロ部分が、言葉遊びと二人の掛け合いが、向かい合って歌っているような……バトルとまたちょっと違う、楽しそうに歌っている二人が見えたらいいなと思うので、この最後の一連をおすすめします。


住谷:こういうジャズっぽい曲は、あまり激しくギターが入ってるイメージがなかったのですが、「孤夜の共鳴」には、ギュインギュインと激しくギターが入っていて、ちゃんと玄尉が作った曲なんだな……と、玄尉の存在を感じました。聴きどころとしては……最後の二人の掛け合いがすごくいいと思っています! 二人の息がぶつかり合って、共鳴する! みたいな流れで、出来上がりが楽しみです。きっとかっこいいと思います! あと、個人的にはサビの前の「吠えてやれよ」とか「食らいつけよ」というフレーズをワイルドに頑張ったので、聞いていただけると嬉しいですね。

ファンへのメッセージ

――ファンの皆様へコメントをお願いします。

中島:ようやく動き始めた帷。所属はサンプロですが、ツキプロシリーズは歌って、曲が皆さんの手元に届いて、キャラクター達がしゃべってなんぼだと思うので、今後にもどんどん続けていければなと思います! 発表される頃に温かい反響をいただけたら、次へ次へと繋がっていくと思うので、期待しつつ、応援していただければ幸いです!

住谷:玄尉の、普段はポソポソしゃべるけど、音楽には情熱を傾けてる様を、歌を通して表現できればと思って、激しめに歌いました。皆で盛り上がれる箇所のたくさんある、聴きどころ満載のアルバムになったかと思いますので、是非是非楽しんでいただけたらと思います!
32 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは