実写映画『弱虫ペダル』永瀬廉、チーム総北のユニフォームで原作者・渡辺航らとバーチャルサイクリング体験!

掲載/更新 0
IMAGE
また、撮影で大変だったシーンを聞かれると、永瀬さんは真っ先に伊藤との最初の対決となった裏門坂のレースシーンを挙げました。「ロードバイクなら多分平気なんですけど、ママチャリだったから全然進まなくて。しかも追いつかないといけないシーンだったのに、サドルも低いし…頑張りました」と当時の苦労がうかがえる話に。また、坂東さんも「1年生のウェルカムレースの最初のシーンが、横風がすごくて。立ってる人でもきついくらいの強風だったのに、タイヤも太いから余計にあおられて。でも、結局あのシーンを乗り越えられたから、そのあとの撮影は少しは楽に感じたと思います。」と語りました。

逆に楽しかったシーンを聞かれると、永瀬さんは「全部楽しかった」と言いつつも、「あえて一番といわれると、レースの最初にあるパレードランのところですね。本物の大会に出るかのような緊張感で、エキストラの観客も入っていて、さらにチーム総北の6人で走れるというのもあって個人的にテンションが上がりました」と笑顔。さらに、ドローンでの撮影についても「あの日寒かったんですが、橋の上からドローンで撮影されているのがわかってたので、どういう絵になるか想像してたんです。実際に出来上がった映像を見たら、かなりきれいな絵になっていたので、うれしかったです」と熱弁。

一方で坂東さんがお風呂のシーンが楽しかったというと、永瀬さんも「今それ言おうと思ってた!」と遮り、坂東が「じゃあ今のカットで」というなど仲の良さが垣間見える一面も見せました。合宿中のお風呂シーンについては「ほとんどのシーンで自転車に乗ってて、地に足がついていないので逆にお風呂のシーンはみんなでサウナの中で話したり、裸で男子が集まるとおのずと楽しい話も出来ました」と永瀬さん。また、坂東さんも「ぼくと(菅原)健君だけほぼ裸だったんですよ!それを永瀬君がすごい顔で見てた」と明かしました。
記念ライド終了後には、オンラインで渡辺先生と新城選手もトークに参加。自転車練習の際に新城選手の映像をよく見ていてファンになったという坂東さんは、自宅から参加している新城選手の背景に全日本のユニフォームがあることに「家にヒノマルがある!」と大興奮。

また、総北のチームジャージで参加した渡辺先生には永瀬さんが「先生が一番気合が入ってる」と絶賛。さらにその背景には、主人公の坂道が描かれたタイヤホイールなども飾られており、仕事場に自転車が10台ぐらいあることを明かされると永瀬さんは驚いていました。また、今回は『弱虫ペダル』公開記念ライドのリーダーとして参加した渡辺先生は「初めてグループライドでリーダーもやらせてもらって、2000人と一緒に走ったのは初めてだったのですごく面白かったです」と達成感にあふれており、永瀬さんも「汗もかけるし、体も動かせるしロードレースも盛り上げられるし、一石二鳥以上のもが得られるイベントですね」とあらためてバーチャルライドの楽しさを語りました。
最後に、公開までついにあとわずかとなったことについて、渡辺先生は「今日Zwiftに参加していただいた方にも、大好きといってもらえるような作品になっていると思うんでぜひ楽しみにしてください!」とエール。新城選手も「『弱虫ペダル』は渡辺先生がロードレーサーのことをすごく知っているな!と思うことばかりなので、ヨーロッパでも見れるようになってほしいです!僕もすごく楽しみにしています。」と切望していました。

坂東さんも「チーム総北みんなで、練習から撮影までがんばりました!何かを成し遂げる、一つのことに向かっていくという熱い青春がここにギュッと詰まっていて、撮影の時から、そういう作品に仕上げたい、その一部になりたいと思っていました。完成した作品を見た時に、こんなに感動するんだ、と思ったしみんなでやった達成感というのが感じられたので、それは絶対見てもらえれば伝わると思います!こういう時期だからこそ、普段体験できないことが映画館で体験できればと思います」と熱く語りました。

永瀬さんに「長いよ!なにを伝えたいんだよ!」と突っ込まれると、坂東さんは周囲からのフォローもあり「ノーCGで、リアルです!」ときっぱり。城田さんが「CGではなく実際に走っているからこそ伝わるものがあると思うし、ノンフィクションの表情です。(三木)監督が、本気でやらせるのが一番いいって言ってたんですよ」と明かしました。永瀬さんも最後に「自転車の作品なので、レースの部分が注目だとは思いますし、原作を見ている人は結末を知ってると思いますが、CGなしのリアルなレースが描かれているので、実写としての見どころの一つになっています!原作のような手に汗握る展開は映画でもちゃん描かれているので、レースならではのハラハラドキドキ感を是非、体感してください。」と思いを伝えました。そして、いよいよ公開まで3週間となる『弱虫ペダル』パワーを感じさせるような明るい雰囲気の中、イベントは幕を閉じました。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません