『鬼滅の刃』から首位奪還!本当に面白いマンガTOP10【2021年版】第1位は?

掲載/更新 0

5位

薬屋のひとりごと
原作:日向夏(ヒーロー文庫/主婦の友インフォス)
作画:ねこクラゲ
構成:七緒一綺
キャラクター原案:しのとうこ
出版社:スクウェア・エニックス
作品紹介:中世の宮中で下働きをする少女・猫猫(マオマオ)。 花街で薬師をやっていた彼女が、 帝の御子たちが皆短命であるという噂を聞いてしまったところから、 物語は動き始める。 持ち前の好奇心と知識欲に突き動かされ、 興味本位でその原因を調べ始める猫猫の運命は――…!? 「小説家になろう」発!ヒーロー文庫の大人気タイトル『薬屋のひとりごと』が、 待望のコミカライズ!

【 ブックライブユーザー からのコメント】
「美麗な絵と本格ミステリに恋愛に盛りだくさんでドキドキが止まらない!異国ファンタジー!」
「推理あり、恋愛ありで、面白いです。」
「エピソード毎の繋がりや伏線がそこかしこにあって何度も読み返したくなる作品。」
「主人公をはじめ、キャラクターが際立っている。」

(C)2020 Natsu Hyuuga/Shufunotomo Infos Co.,Ltd.
(C)Nekokurage/SQUARE ENIX (C)Itsuki Nanao/SQUARE ENIX

4位

進撃の巨人
著者名:諫山創
出版社:講談社
作品紹介:手足をもがれ、 餌と成り果てようと、 人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。 巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、 壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。 だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、 絶望の戦いが始まってしまう。 ――震える手で、 それでもあなたはページを捲る。 超大作アクション誕生!

【 ブックライブユーザー からのコメント】
「最初は巨人とは何なのかなぜ襲われるのかの謎めいたものだったが進むにつれ謎が解明されていき何が正義なのかと考えさせられる。」
「たくさんの伏線が張られていて、どんどん解き明かされていくのが面白い!」
「展開が読めない面白さと、世界観が壮大でいて、でも現実世界に重ねて考えさせられる部分がある。」
「グロい描写が多いけど、面白かったので読み進めることができました。意外性と王道の格好良さがあって、キャラクター達の思い、葛藤なんかもリアルに感じて感情移入してしまいました。」
「巨人対人間、そして人間対人間の話の展開は先が予想できずに面白い!」

(C)諫山創/講談社

3位

暁のヨナ
著者名:草凪みずほ
出版社:白泉社
作品紹介:高華王国の姫・ヨナは一人娘のため、 優しい父王と幼なじみで護衛のハク達に囲まれ、 大切に育てられていた。 そして時はヨナ・16歳の誕生日、 ヨナは想いを寄せていた従兄のスウォンから簪を贈られ、 父へ自分の気持ちを伝えに行く。 が、 そこには思いも寄らぬ過酷な運命が!?

【 ブックライブユーザー からのコメント】
「世間知らずだったヒロインがどんどんたくましく、カッコよくなっていくのが堪らない!」
「恋愛要素もたっぷりですが、ヒロインのヨナを取り巻く運命の結末が何といっても一番気になります。ヨナの涙はいろんな思いが込められているので、ヨナが泣くと一緒に泣いてしまいます。」
「友情と憎しみと運命とが絡み合ってとても深みのある作品だ。」
「大河ファンタジー!「少女マンガ」という一つのジャンルには収まらない壮大さ!」
「イケメンが沢山出てきて眼福。国の綻びを正していく信念を持って仲間と歩んでくストーリーが良い!」


(C)草凪みずほ/白泉社
40 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません