『鬼滅の刃』から首位奪還!本当に面白いマンガTOP10【2021年版】第1位は?

掲載/更新 0

2位

キングダム
著者名:原泰久
出版社:集英社
作品紹介:時は紀元前――。 いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、 500年の大戦争時代。 苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、 自らの腕で天下に名を成すことを目指す!!

【 ブックライブユーザー からのコメント】
「主人公が熱い思いを持って夢を追いかける姿がいい。応援したくなる素直さと強さがあります」
「壮大なストーリーと見応えある迫力の絵がいいです」
「中国の歴史は知らなくても、友情や熱い気持ちを思い出させてくれます。」
「キングダムを読んで、軍師というものを初めて知りました。キャラクターの魅力だけでなく、戦略や心理戦の描き方がとても魅力的で、早く先が読みたいと時間が経つのも忘れて読んでしまう作品です。」
「のちの秦の始皇帝になる嬴政(えいせい)のもと主人公の信(しん)が成り上がっていくストーリーは、その後の三国志にも繋がる話で中国の歴史に興味もてて面白い。」

(C)原泰久/集英社

1位

呪術廻戦
著者名: 芥見下々
出版社:集英社
作品紹介:類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、 病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。 だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、 化物が現れてしまう。 取り残された先輩を救う為、 校舎へ乗り込む虎杖だが!?

【 ブックライブユーザー からのコメント】
「アニメを観て面白かったので原作ファンになりました」
「アクションシーンがかっこいいし、どの登場人物にもしっかりしたストーリー背景があるから誰でも推せます!」
「最初は呪術というので怖い感じなのかなと思いましたが、それぞれのキャラクターの持つ信念がとてもかっこよくてどんどんとハマっていきました。」
「登場人物それぞれ呪霊を祓う時がかっこいい。女性キャラが特に精神も強くカッコよく描かれていて好きです。」
「世界を救うでも強くなるでもなく「正しく死ぬ」ことが目標の主人公って新しすぎる……! 誰が正義で誰が悪なのか、分からない世界観がダークで良い。」

(C)芥見下々/集英社

総評

「2021年の今読んでほしい!」「本当に面白い!」「オススメしたい!」作品ををテーマに「ブックライブ」ユーザーにアンケートを行った結果、昨年1位だった『鬼滅の刃』を抑え、今年1位に輝いたのは『呪術廻戦(芥見下々/集英社)となりました。

昨年順位は53位でしたが、2020年10月から2021年3月までのアニメ放送をきっかけに人気に火がつき、大躍進を遂げました。今年冬には劇場版の放映も予定されています。

謎の多いストーリーや個性あふれる登場人物たちの魅力に加え、主人公の高い身体能力と「呪術」という能力を組み合わせたアクションシーンには、ほかの作品にない迫力があるという声が寄せられました。
40 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません