『遙かなる時空の中で7』最新情報!新規スチル、マップ画面が公開!

キャラクター相関図

『遙かなる時空の中で7』あらすじ

“ならば、そなたが乱世を鎮めてみせよ”

主人公は山の中の神社の娘として育った、現代の女子高生。

ある日、実家近くで怨霊に襲われたところを、駆けつけた若者に助けられる。真田幸村と名乗るその若者は、時代劇のような甲冑を身にまとっていた。

次々と姿を現す、戦装束の男性たち。山中の怨霊は増え続け、ついには町につながる唯一のトンネルまでも塞いでしまう。

その原因は異世界の龍脈の乱れ。異なるふたつの時空がつながり、幸村たちの暮らす異世界から現代へ、怨霊が流れ込んでいるのだという。

事態を解決するため、主人公は幸村たちとともに異世界・戦国へ向かうことに。そこでは戦乱が続いて龍脈が乱れ、天下は荒れ果てていた。

かつて信長の居城だった安土城の跡を訪れた主人公は、自分が信長の娘であり、この城で育ったことを思い出す。

父・織田信長が残した最後の言葉を胸に、少女は怨霊はびこる乱世を駆けていく――
54 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは