伊藤健人「次のCDはやく!はやく!!という気持ち」|『華Doll*』Anthosキャストインタビューが到着

――『華Doll*』という作品について、今後の展開でどういうところに注目しているか教えてください。

濱野:デザインや楽曲の素晴らしさと、ストーリー内の伏線は言わずもがな、この作品の魅力だと思います。キャラクターを演じている身としては、各々の関係が深まっているのを感じています。これから、日常的なシーンが増えたりしてAnthosの自然な魅力を知って頂ける機会が増えるといいなぁ……なんて思います!

伊東:まずは物語の続きが気になるので、せっかちですが次のCDはやく! はやく!! という気持ちです(笑)。あとはグッズ系でいうと、フレグランスとか相性良さそうですよね。

駒田:6人の未来がとにかく気になりますが、チセの一種の闇が明かされた中で、今後ほかの5人がどう接するのか、チセの接し方や考えがどう変わるのか、目が離せなくなりました。

土岐:華ドルたちが改めて何の目的で華ドルになろうとしたのか、それが少し垣間見えた話だったので、それぞれの目的や夢がどうなっていくのか、僕にもわからないのでこの6人の行く末がとっても気になります!!!

山下:PVやMVをはじめ楽曲のクオリティ、映像表現、そして伏線が盛りだくさんで、ファンの皆様に楽しんで頂けているようで嬉しいです。謎が解き明かされる日は来るのか? それはドラマCDなのか歌なのか? 自分も楽しみながら、演じ歌っていきたいです。

増田:これから全員に華が咲くのか分かりませんが、全員にその機会が訪れた時、彼らの関係や環境がどうなっていくのか楽しみです。

増田俊樹「続編ならではの変化を楽しんでいただきたい」

――2巻のオススメポイントがあれば教えてください。

濱野:1巻に引き続き、今回も、聴きごたえのある楽曲2曲になっています。音楽製作の方々のディレクションやアドバイスを取り込みつつ、1巻とは異なるAnthosの一面を見ていただけるはずです! MVもあるのかな? それも楽しみですね。

伊東:歌声担当キャラクターの声優としては、やはり歌です! 良い意味でクセのあるAnthosらしい楽曲に仕上がっています。ご期待下さい。

駒田:曲はバリバリかっこいいです。リピートし続けてしまう! 疑念や不安が大きくクローズアップされていて、とても考えさせられる反面、知れてホッとする面もあります。まだまだベールに包まれた部分も多いですから、考えるのが止められないですね。

土岐:やはり1番の見所は、少しずつこのユニットたちの真相が浮き彫りになってくるところかなと思います。そしてただ完璧なアイドルを目指すだけでは無いと言う部分も少しずつわかってくるので、そこを感じていただけたらなと思います。

山下:1巻の時とはまた違う雰囲気の楽曲に注目して頂けたら! Anthosと同じく、自分の歌唱力も成長していると思いたいです……(笑)。

増田:1人、1人、華が咲いていく中、自分にも相手に対しても負の感情が湧き始めました。人間らしい感情が彼らをどう成長させ変化させるのか。続編ならではの変化を楽しんでいただきたいです。
――もしご自身に“種”が植えられるとしたら、どんな華が咲いてほしいですか?

濱野:力強く華やかに咲く華よりも、儚く咲いて芳しい華を咲かせたいです。近くにいて心地のいい、リラックス効果がありそうな香りが良いなぁ……(笑)。

伊東:咲いた華の香りが届く範囲の全て人の気持ちがやすらぐ。そんな種があったら素敵だなと思います。

駒田:かっこいいと感じる理想的な華は薔薇ですね。ただ性格的にはヒマワリとかのほうが、素直に受け入れられそう。

土岐:自分の頭の中で思い描いているパフォーマンスをすぐにアウトプットできる種が欲しいなと思います!

山下:美味しい実のなる華が咲いてくれたら、自給自足で、好きな時に小腹を満たせて幸せですね。もちろんおすそ分けします。

増田:薔薇のような派手な華。背中一面に咲いてほしいです。
33 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは