橋本祥平、石井孝英、大塚剛央登壇のイベントレポートも! 『Dimensionハイスクール』第9話先行場面カット&あらすじ公開

掲載/更新 0

1日目(ちょっと遅めのバレンタイン)

MCに呼びこまれ、「よろしくお願いします!」とステージに現れた石井さんと橋本さん。なんと顔を合わせるのは、年末のラジオ収録以来だそうで「あけおめですね!」と言葉を交わしながらも、イベント前には楽屋で一緒にゲームに興じていたと語り、久しぶりさを感じさせない軽快なトークで場を和ませます。

1月から放送がはじまった本作も、物語は折り返し地点。改めて放送を見て、「撮影時の思い出がよみがえってきますね」と橋本さんが切り出すと、千葉県の勝浦にある廃校で撮影したときの話題に。石井さんが「夜はライトをつけて昼間の教室のシーンを撮るので、ライトに虫がたくさん寄ってくるんです(笑)」と話すと、「本当に。もう、カメムシパーティーですよ!」と橋本さんも納得。自然に囲まれた土地ならではの大変さを語りました。

『Dimensionハイスクール』橋本祥平

水上ゆりお役:橋本祥平さん

続いて、イベントに集まったファンの方々が答えたアンケートをもとにしたトークコーナーヘ。アンケート用紙が入ったボックスから石井さんと橋本さんがそれぞれ1枚ずつ引いていきます。

1問目は、「『Here we go!』の感想」について。「毎日聴いてます!」というファンからの回答に、「うれしい!」と満面の笑みを見せるふたり。橋本さんが「ポップで耳に残る楽曲ですよね。僕は毎朝のアラームにしてます」と語ると、石井さんが「僕も……毎日聴いてます!」と、互いに聴き込んでいることをアピールし合いました。

さらに石井さんが「僕、橋本さんのソロVer.好きなんです」と切り出すと、お互いに「いい声してますよ」と褒め合い合戦になる場面も。ソロVer.の話になると、ゆりおとして歌うにあたり、橋本さんは「可愛らしさを意識しました。でも、キャラクターを乗せて歌うって難しいです」と、演じて歌うことの難しさを口にしました。

石井さんは白山らしさを出すにあたり、「主人公なのでヒーローっぽくアツく、カッコよく歌おうという思いでした。でも第5話であんなキャラになるからどういう感じで歌おうか迷いました(笑)」と、ひらめきの天才と呼ばれる白山が、ドが付くほどのMだとバレてしまった衝撃の第5話を話題に挙げ、客席もうんうんと共感の頷きをする様子が多く見られました。
37 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません