江口拓也のぶっちゃけトークに鈴村健一が動揺!?『江口拓也の俺たちだってやっぱり癒されたい!』オフィシャルインタビュー

掲載/更新 0
西山:僕は山羊ですね。ダチョウとアルパカに餌やりしたあとだったので、山羊はどんなふうに食べるのかなと思っていたら……めちゃめちゃ優しく手に触れて、「なにこの感触~!?」みたいな感じで食べてくれて。なんていうか、すごく気持ちよかったんです。

鈴村:あれは山羊、好きになっちゃうよね(笑)。

西山:そうですね(笑)。山羊の唇ってこんなに柔らかいんだ……っていうのが、すごく印象に残りました。

江口:僕はカピバラさんです。カピバラさんは人気の動物で、ぬいぐるみやキャラクターもたくさんあると思うんですが、今日お会いしたカピバラさんは絶妙に塩対応で(笑)。
ほかの動物は、餌をあげると「やった! もっとちょうだい!」という反応を見せるのに、カピバラさんは餌をあげようとしても一ミリも動かないんです。なんなら無視ですよ。かと言って遠くに行ってしまうわけでもなく、そういうマイペースなところがかわいかったです。

江口「愛されるよりも愛したい。」

――今回はダチョウの肉と卵を召し上がりましたが、もし今まで食べたことがなく、食べてみたい食材があれば教えてください。

江口:うつぼ! 某番組で、お笑い芸人の濱口優さんがよく捕まえていて、毎回おいしそうに食べてらっしゃるんですよ。それを見て、僕も食べてみたいと思いました。

鈴村:俺、うつぼの刺身なら食べたことあるよ。白身魚みたいだった。

江口:え~! いいなぁ。

西山:僕はものすごく厚いフカヒレを食べてみたいです。フカヒレ自体は食べたことあるんですが、すごく薄いものしか体験してなくて。絵に描いたような分厚いフカヒレを食べるのが夢です!

江口:夢がかわいいな(笑)。あ、僕もうひとつ食べたいものあった。蜂の巣! 蜜がびしゃーっと入っているのをそのまま食べたいです。これもテレビで見て、おいしそうだと思いました。

鈴村:う~ん、僕は食べたいものは無限にあるんですが、けっこういろいろな食材を経験済みなので、パッと思いつかないな……。ただ、たくさんの国に行って本場の料理を食べたいなと思っています。各国の郷土料理というのかな。

西山:本場の料理かぁ。トルコ料理とかどうですか?

鈴村:トルコは行ったことあるんだ。ご飯めっちゃおいしいよ~! ケバブもサバサンドもおいしいし。あー、食べたいものリストまで作ってるのに、こういうときパッと出てこなくてダメだねぇ(笑)。

江口:さすがグルメハンター鈴村さん、本当にいろんなもの食べてらっしゃいますよね。じゃあ、行ってみたい国はどうですか?

鈴村:それなら行ったことないからドイツ! ドイツってハマる人はすごくハマるらしいし、ビールもソーセージもおいしいし、プレッツェルも食べたいし……。なので、ドイツですね。

江口:ドイツでは、ビールが水より安いらしいですしね。
――ドイツといえば、次に向かった東京ドイツ村では犬と触れ合っていましたが、いかがでしたか?

西山:僕はやっぱり……たったひとりの子を愛したい。

江口:は? どういうこと?

西山:みんなから愛されることも大事ですけど……僕自身が愛したい。

江口:え、どうしたの? 大丈夫?

西山:鈴村さんならわかってくれますよね。

鈴村:わかるけど、こっちに振らないで自分で処理しろよ(笑)。

一同:(笑)

江口:僕は、愛されるよりも愛したい。

西山:え?

江口:愛されるよりも愛したい。

鈴村:真剣(マジ)で。

江口:(笑)。でも本当、ワンちゃんかわいいです。飼いたくなりましたね。

西山:癒されますね~。動物たちにまっすぐな目で見られると、こっちの気持ちもまっすぐになっちゃう。

江口:今回の旅は『俺癒』史上、一番動物と触れ合えたかもしれないね。

西山:そうですね。僕、かつては動物が苦手だったんですが、この数年で変わりました。おかげで動物に癒されるという気持ちがわかるようになりましたし、今日もすごく癒されました。

鈴村:僕は犬がすごく好きなので、楽しかったですね~。元々ビーグルは飼いたかったんですが、必要な運動量が多い犬種なので、スケジュール的に難しくて断念したことがあるんです。今回触れ合ったビーグルのアリスちゃんも噂に違わぬ運動量で、リードをひっぱる強さが半端なくて、これがビーグルか……! と思いました(笑)。でもやっぱりビーグル好きだなぁと思ったので、老後に仕事が落ち着いたら飼いたいと思います。

――江口さんと西山さんは、飼うとしたらどんな犬種がいいですか?

江口:パグ! 本っ当に顔が好きで……。好きすぎてぬいぐるみ持ってるもん。

西山:僕は柴犬です。僕も柴犬の抱き枕を抱いて寝てますよ。

江口:抱き枕? なに、かわいいアピール?

西山:違いますよ(笑)! 柴犬、本当に最高ですから。ただただかわいいです。

鈴村「すごいぶっちゃけた話するんだね!?」

――最後は「燦美の宿 旅館【かわな】」でゆっくりとお食事を召し上がりましたが、いかがでしたか?

西山:お料理ももちろんおいしかったんですが、じつは本編の撮影が終わったあと、三人で温泉に入ったんです。その温泉がすごくよかったですね。

鈴村:露天風呂だったんだよね。部屋ごとに貸し切って入れるスタイルで。ご飯もおいしいし、部屋にマッサージチェアがあるのもよかったし、すごくいい宿でした。

――さて、第4期の収録は今回でラストとなります。DVDが売れれば第5期も制作できるそうですが、もし第5期が実現したら何をしたいですか?

鈴村:「DVDが売れれば」って、すごいぶっちゃけた話するんだね!?

一同:(笑)

江口:この番組は、DVDを買って応援してくださる皆さんに支えられてますからね。

西山:そうですねぇ……もし第5期があるなら、海外に行きたいです!

鈴村:海外なら俺も連れてってくれ!

西山:いいですね! じゃあ海外にしかいない動物に会いに行くっていう企画はどうですか?

鈴村:あ~、いいね! ウォンバットが見たいなぁ。あとタスマニアデビルとか。

西山:僕、ワラビーに会いたいです。

鈴村:ってことは、オーストラリアに決定じゃねぇかよ。

一同:(笑)

西山:特別編としてDVDで出すのもありかもしれませんね。

鈴村:その際はぜひよろしくお願いします!

江口「支えてくださった皆さんがいるからこそ第4期まで続きました」

――ありがとうございました。それでは最後に番組を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。

鈴村:ずいぶん前に、江口くんから「『俺癒』っていう番組をやっているので、鈴村さん来ていただけませんか?」と誘われたのを覚えています。そのときはスケジュールがどうしても合わなくて、寂しいなと思っていたんですが、再び呼んでいただけて嬉しかったです。
ようやくスケジュールが合ったので、今日という日を本当に楽しみにしていました。噂どおりの癒され具合で、とっても素敵な番組でした、ありがとうございました。次回はオーストラリアで会おうぜ!

西山:鈴村さんと丸一日ご一緒させていただいて、本当に楽しい時間を過ごすことができました。移動中にも、鈴村さんがアウトドアがお好きとかいろいろなお話をさせていただいて、そういう機会に恵まれたことを嬉しく思います。
そして第4期、これまで応援してくださった皆様、ありがとうございます。皆さんが応援してくださったおかげでここまで来ることができました。今までもたくさん癒されてきましたが、人生において“癒し”というのは絶対的に必要なものですので、これからも生きている限りは癒され続けたいなと思っております。また皆さんと癒し旅でお会いできることを願っています。ありがとうございました!

江口:鈴村さんには本当に初期の頃から「ご出演いかがですか?」とお誘いしていまして、ついに念願叶って嬉しかったです。今回は動物との触れ合いが多くて、僕も今までとはまた違った癒され方をしたなと思いました。動物セラピーみたいな感じで楽しかったので、鈴村さんもおっしゃっていたように、オーストラリアでも動物たちに癒される機会があったら嬉しいです。
そして『俺癒』4期もついに最終回です。支えてくださった皆さんがいるからこそ第4期まで続きましたので、またDVDをご購入いただければシリーズを続けていくこともできるんじゃないかなと思います。オーストラリアに行くためにも(笑)、ぜひDVDやグッズを買ってください!

鈴村:すげぇ正直にぶっちゃけるよね(笑)。

江口:(笑)これまでテレビ放送を応援していただき、本当にありがとうございました。引き続き、大王グループをよろしくお願いいたします!
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません