アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』2019年12月公開決定!実写映画から30年、新ストーリーが描かれる

IMAGE

原作者:宗田理コメント

子どもたちが常に抱いているいたずら心や冒険心、悪い大人への挑戦を子どもの視点から描こうと思ったのがきっかけでこの物語は生まれました。
今もこのテーマを変えることなく、シリーズの新作を書き続けていますが、これが子どもの本心をついているから、いつになっても子どもたちの心をとらえて読み続けられているのではないかと思います。
これは作者にとってこの上ない喜びです。
今回、この作品が新しいストーリーのアニメ映画になります。
アニメ映画には小説とは違う感動と面白さがあります。
あの物語がどんなふうに表現され、みなさんをとりこにするのだろう。
それを想像すると、原作者としてもわくわくしてきます。
小説とは違う感動をぜひ劇場で体験してください。


宗田 理(91) プロフィール
1928年5月8日、東京都生まれ。日本大学藝術学部映画学科卒業。1985年刊の『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズは中高生を中心に圧倒的人気を呼び大ベストセラーに。91歳の今なお新作を書き続けており、2019年3月に最新作『ぼくらの宝探し』を刊行。著作に『ぼくらの七日間戦争』『ぼくらの天使ゲーム』『ぼくらの大冒険』(角川文庫、角川つばさ文庫)や「2年A組探偵局」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。映画化作品に「ぼくらの七日間戦争2」(『ぼくらの秘島探検隊』)、『仮面学園殺人事件』、『ほたるの星』『早咲きの花』がある。「大人の持っている常識を踏み越える子どもたちを描いている」と語る。

監督:村野佑太コメント

解放区より愛をこめて―
原作を読んで胸が一番高鳴った場面です。
今の子どもたちが必要としている解放区とはなんだろうか。
原作の発表された時代ほど大人は物分かりの悪い人間ばかりではないし、生まれた時から当たり前にあるネット環境は大人に内緒で冒険することを容易くさせました。
しかしどうやら、自分たちの自由な居場所を獲得しやすくなったと同時に、その居場所を守る為にはまた別の不自由さが生まれているみたいです。
今の子どもたちが巻き起こす、新しい7日間の冒険。
原作と、そしてかつての映画に精一杯の敬意を持って、新しい「ぼくら」の7日間戦争を紡いでいけたらと思います。


村野 佑太(34) プロフィール
1984年9月24日生まれ。『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『忍たま乱太郎』などの芝山努総監督を尊敬し、亜細亜堂に入社。2015年『ブレイブビーツ』の監督に抜擢される。その後『ドリフェス!』『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』で監督を務める実力派。本作が映画デビューとなる。
16 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは