「推し」は英語で?『ENGLISH JOURNAL』8月号に"好き"を語るフレーズが70個掲載

掲載/更新 0

5W1Hでスラスラ出てくる 好きを伝えるフレーズ70 『ENGLISH JOURNAL』2022年8月号、7月6日発売

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)より、新刊『ENGLISH JOURNAL』2022年8月号のご案内を申し上げます。
■特集■
5W1Hでスラスラ出てくる
好きを伝えるフレーズ70

「最近はまっていることは?」「週末は何してた?」人からよく聞かれる質問ではありますが、急に聞かれると意外と答えに困ってしまう……。そんな経験はありませんか? 本特集では、自分の「好き」なことについて、「5W1H」を意識して相手にスムーズに伝えられる方法を学びます。
■学習コーナー(インタビューのスクリプト&音声DL)
Intervew1 オリヴィア・ロドリゴ(ミュージシャン)
等身大のメッセージを歌に乗せ、若者の心を捉えた新世代の歌姫

デビューシングル「drivers license」が世界での総再生回数10億回を突破する大ヒットを記録した注目のミュージシャン、オリヴィア・ロドリゴ。ファーストアルバム『Sour』の制作の様子を捉えたドキュメンタリー映画『オリヴィア・ロドリゴ:ドライビング・ホーム・2・ユー』の配信開始に合わせて行われた記者会見の様子をお届けします。曲作りに関する質問、映画撮影に関する質問、突然有名になったことへの対処法、さらにはこの映画を見るときにおすすめの食べ物は?といった質問が飛び出します。
Interview2 エリオット・ヒギンズ(べリングキャット創設者)
国家のうそをも暴く、謎の調査集団「べリングキャット」

イギリスの調査報道ウェブサイト「ベリングキャット」の創設者、エリオット・ヒギンズ氏。彼はインターネット上で誰もがアクセスできる情報を基に調査を行う「オープンソース・インテリジェンス(略称:オシント/OSINT)」という手法で、さまざまな事件の調査を行っています。インタビューでは、ベリングキャットが発足したきっかけや実際に調査に使っているツール、ロシアが関与したとみられる暗殺未遂事件について話しています。
ココロに届く いい話、いい英語
Tea Time Talk

Sandwiches

ゲストを迎えて気ままにおしゃべり
Quick Chat

歌うこと

Lecture
マット・アルト
英語で学ぶニッポン妖怪史 第2回

クイズに答えて商品を当てよう!
Mystery Speakers

Just Plain Cool

連載
今月は何の月? World Event Trip/LONDON STORIES――多文化都市に暮らして/世界を映し出すキーワード News Spotlight/EJ Culture/今月のEJ単語帳/英語で脳活! English Crossword/通訳翻訳 Behind the Scenes/世界の英語/助動詞をめぐる冒険 ネコに召喚されてwillとかcanとか学ぶのニャ。ほか
<商品情報>
【タイトル】ENGLISH JOURNAL 2022年8月号
【URL】https://www.amazon.co.jp/dp/B0B2V3W5B9/
【価格】1,540円(税込)
【サイズ】B5、144ページ
【付属商品】音声DL約92分
[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎えた英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
https://www.alc.co.jp/  
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません