『デスノートTHE MUSICAL』村井良大、髙橋颯らがキャストに決定! コメントも到着

IMAGE

もう一名の夜神月役は誰の手に?

そして、夜神月役のダブルキャストのうち一名は、現在進行中の全国オーディションにて決定する予定です。
一体誰になるのでしょう?

キャストコメント

■村井良大さん:夜神 月(やがみ ライト)役 *ダブルキャスト
デスノートは世界に伝わるストーリーで、自分自身も作品の大ファンなので、このような世界中で愛される作品に自分が参加できること、月(ライト)役を演じさせて頂けることをとても光栄に思います。
このチャレンジに屈することなく、漫画ファンやこれまで本作を観てくださっているファンの方にも納得して頂けるような自分らしい夜神月を演じたいです。この新キャストで創る新たな『デスノートTHE MUSICAL』を打ち出せるように頑張ります。

■髙橋颯さん :エル役
「デスノート」は以前から映画やアニメを見て好きな作品で、その中でも自分に一番近い存在だと感じていたエルが特に好きだったので、この役に決まった時は本当に嬉しかったです。
エルは数々の名優の方々が演じてきて、この舞台のキーになる役なので、その大きな存在に自分自身がなることは楽しみでもあり、不安でもあります。エルと言えば髙橋颯と思ってもらえるように、歌でも皆さんを魅了できるように稽古を積んでいきたいと思います。
そして今回、初めて本格的に演技と向き合うので、共演させて頂く皆様、そして演出の栗山さんから多くを学び、お客様に素晴らしい作品をお届けできるようにしたいです。

■横田栄司さん:死神 リューク役
すでに最高の評価を受けている作品に参加できる喜びとともに、なんとも言い難い恐怖を感じております。が、怖がっていても前に進めないことは承知しておりますので、新しい出会いを喜びと信じ、挑戦し訓練し稽古をして、新たに最高の『デスノートTHE MUSICAL』をお届けできるよう、新人のつもりで頑張ります。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

■吉柳咲良さん:弥 海砂(あまね みさ)役
今回、日本だけでなく世界的に人気のある“デスノート“という作品に出演させて頂ける事になり、とても嬉しく思います。海砂(みさ)はアイドルとしての陽の部分と両親を亡くし孤独に生きている陰の部分、そして月(ライト)に恋する乙女な部分、と色々な側面を持つキャラクターだと思っています。
演出の栗山さんや他のキャストの方々から多くの事を学び、私にしか出来ないミサミサを表現していきたいです。

■西田ひらりさん:夜神粧裕(やがみ さゆ)役
今回、2020年1月から上演される『デスノート THE MUSICAL』に夜神粧裕役で出演することになりました。
ミュージカルは私にとって新たな試みで不安もありますが、今は楽しみという気持ちの方が大きいです!この大好きな作品で粧裕ちゃんを演じられることは、とても誇りに思っています。
たくさんの方に私の歌、演技を見ていただきたいです!皆さんの期待以上のものをお届けできるよう、精一杯頑張ります。

■パク・ヘナさん:死神 レム役
ありがたい事にも韓国で『デスノートTHE MUSICAL』の初演、再演全てに参加しましたが、多くの観客の方が“レム”を愛してくださり、本当に幸せで楽しく公演しました。愛する“デスノート”の“レム”で、こうして日本の観客の皆さんに直接お会いする機会ができて、とても光栄です。
日本の俳優の方々と日本語で公演するだけに、準備も沢山しなければならないし、とても緊張しますが、またそれだけに、とてもワクワクしています。一生懸命準備して、良い公演をお見せできるよう、最善を尽くします。

■今井清隆さん:夜神総一郎役
幕開けからグイグイと観客の心を掴んで離さないストーリー展開、そして素晴らしい楽曲‼️今回初めて出演させて頂く事になり幸せを感じています!
私の役、夜神総一郎は、主人公、夜神月の父親であり、この事件を担当する警視総監でもあり、人の親としての心情と職務を遂行する切れる男の両面の葛藤を表現して行く難しい役所なので大変だとは思いますが、悩みながら、楽しみながら、役作りして行こうと思っています!ご期待下さいませ!
17 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは