木村良平、前野智昭らのインタビュー後編!『俺様レジデンス』4ヶ月連続リリースがついに完結!

森久保祥太郎さん インタビュー

霧下真尋役:森久保祥太郎さん

Q1:後編の台本をお読みになった際のご感想をお伺いさせて頂けますと幸いです。

幼少期の夢を見たあと、すごくまっすぐ素直に愛を語るシーンがあるわけじゃないですか。そのあといつもの意地悪な真尋が出てくるという流れがあったので、真尋は心の底ではピュアな部分があって憎めないなって思いましたね。最後の西園寺家と有栖川家、そして妹ちゃん含めて許されるシーンはどう感じてもらえるか、見せ所が難しかったです。真尋は、言ってることだけ拾うとものすごく自分勝手に感じるけど、深い傷を負っている彼にしか分からない闇をどこまで吐露できるのか、それを最後にどうつなげるのかが難しかったですが、やりがいがありました。


Q2:キャラクター達の掛け合いも多かったかと思いますが、後編よりぐっときたシーンなどありましたら教えてください。

病室のシーンでは帝が仕事という部分で取り戻せって言ってくれたのがよかったですよね。
真尋は地位やお金に対してどうでもいいと言っているシーンがありましたが、仕事をモチベーションにしてやり直させてくれるところがかっこよかったしいいシーンでしたね。

Q3:真尋と帝の関係性についてはどう感じましたか?

実際に仕事をしていてあんな関係の人がいたらいいなって思いますよね(笑)。僕らの業界で言うと子役の頃からベテランの人たちが子供のように良くしてくれて、大人になってまた共演するみたいな……そういう関係はいいなと思いました(笑)。自分の成長を幼い頃から見てくれる人ってそうそういないと思うので羨ましいですよね。


Q4:後編の聞き所をふまえつつ、CD をこれからご購入されるお客様にメッセージをお願い致します。

全てを紐解いたときにあなたは真尋が許せますか?と皆様に聞いてみたいですね(笑)。そして許してもらえるといいなと思います……!今後は真尋が帝から託された分をお返ししたあと、頼もしいビジネスマンになって今度は西園寺家や有栖川家のピンチを救ってみたいですね!彼らにはお世話になってるのでさっと現れて借りを返したいです。真尋のことはなんだったんだ…という印象になってると思うので、いいやつじゃん!っていう展開にしてみたいですね(笑)。

44 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは