広告をスキップ

祝・鈴木拡樹&舞台『刀剣乱舞』受賞! WOWOW『勝手に演劇大賞2018』が発表

『勝手に演劇大賞』とは

WOWOWの『勝手に演劇大賞』は、演劇ファンの視聴者による投票で、その年演劇界で最も輝いていたと思う作品や演出家・俳優を表彰する賞です。

その年に上演された作品が対象となる作品賞(ストーリープレイ部門、ミュージカル部門、2.5次元部門)、演出家賞、女優賞、男優賞、新人賞があり、第9回目の『勝手に演劇大賞2018』(投票期間10月~12月)では、作品賞の2.5次元部門と新人賞が新設。

この度、『勝手に演劇大賞2018』の“男優賞”に鈴木拡樹さんが、そして“作品賞2.5次元部門”に鈴木さんが主演を務める「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」が選ばれました!

鈴木拡樹さん受賞コメント

鈴木拡樹さんが、ご本人のTwitterと『勝手に演劇大賞2018』公式ページでコメントを寄せています。

『勝手に演劇大賞2018』の受賞コメントで鈴木さんはまず投票してくれた人々に感謝を伝え、ここ数年色々なジャンルのお芝居を学び、より舞台に立つ楽しさを実感していること、「舞台は楽しいということがみなさんに届いてこの賞に選んでもらえたことが嬉しい」といった想いをつづっています。
また、投票した演劇ファンからは「刀剣乱舞の三日月宗近そのものが演技ではなく実在していると思わせてしまう」「2.5次元舞台のトップランナーとして人気がある中、ストレートプレイでも存在感を発揮している」などさまざまなコメントが寄せられており、鈴木さんの俳優としての力を実感させられます。
※ストレートプレイ=ミュージカル以外の演劇

詳しいコメントは『勝手に演劇大賞2018』公式ページに掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

作品賞2.5次元部門には舞台『刀剣乱舞』が!

作品賞2.5次元部門には、三日月宗近役の主演・鈴木拡樹さんの他、荒牧慶彦さん、和田雅成さん、健人さん、玉城裕規さんなどが出演した「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」が選ばれました。
舞台『刀剣乱舞』シリーズの「集大成」とも言われる本作。
投票した人達からは、「ストーリーも殺陣も迫力がありとても面白かった」「素晴らしい世界をありがとう」など、刀剣乱舞をきっかけに舞台そのものにハマったという声も見られました!
こちらも公式ページにコメント全文が掲載されています。

まとめ

1月から放送されているアニメ『どろろ』では百鬼丸役として声優を務め、同作品の3月に上演される舞台でも百鬼丸を演じる鈴木さん。
そして舞台『刀剣乱舞』は、2019年夏に最新作の上演が決定。
どちらも今後がますます楽しみですね!

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます