Wアンコールで"からあげタワー"登場!? 下野紘、初のライヴハウスツアー公式レポート到着!

掲載/更新 0
歌い終わったところで、念願のライヴハウスツアーを実現させた喜びをまっすぐに語った下野は、ファンへ向けてクラップ。それに続けて歌った「Fellow Yellow」では、今度はファンの起こしたクラップが場内に響き、一体感を生む。また、爽快なロックチューン「Running High」でもステージ最前まで出てファンの歓声を巻き起こしたりと、再びフロアの熱を一気に高めていった。

そしてここからは3曲連続のキャラソンゾーン。『ぬらりひょんの孫』より黒羽丸役として歌唱したロックチューン「3つの翼」や有栖院御園役を担当した『SERVAMP‐サーヴァンプ‐』「スパイラル*パンセ」、さらには桐生祟役を務めた『遙かなる時空の中で5』「廃墟に咲く夢」を力強く歌唱。それぞれ異なる楽曲の魅力を生で表現し、ファンを楽しませていった。
歌い終わると下野は、“生でしっかり歌を聴いてもらえる姿”を見せられたことへの感激を語ると、続けて『Color of Life』のバラード系統の楽曲3曲を歌唱。「Ever Red」「Blue Moon」では聴き入るファンの心に染み渡る、寄り添うような優しい歌声を響かせると、ミニアルバムを作った理由をしっかり大事に語り、万感の想いを込めて「colors」へ。ここでは温かなサウンドと歌声で希望も与えつつ、少し声を枯らすほどに全力を込めて、歌声でその想いを届けてくれた。

さて、ライヴもいよいよ終盤戦。アーティスト活動を通じてより強く感じたまわりの人々の支えなどについて触れ、すべての人へ「もらっている以上のものを返したい」との今の想いなどを言葉にしてしっかり届けると、本編ラスト2曲をスタート。まず「ONE CHANCE」を力強く歌い上げてファンのテンションをさらに高まらせていくと、ライヴ鉄板のタオル曲「Pleasure」を高らかに歌う。フロアにはそのタオルと一緒に、曲になぞらえてピンクのペンライトも輝き、一体感を伴った盛り上がりのなかライヴ本編は幕を下ろした。  
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません