台湾BLドラマ『正負之間~Plus & Minus』最終話上映会が開催! メインキャスト4人もリモート出演「次は日本で会いましょう!」

掲載/更新 0

▲上映後には、メインキャスト4人からのコメント映像&寸劇も。

鄭傳CP・加簡CPがリモートで登場!

続いては欧陽ママの司会のもと、メインキャスト4人がリモートで登場。台湾と日本の会場を繋いでのトークコーナーです。

イベント当日は七夕ということで、司会の欧陽ママも浴衣姿でしたが、台湾のキャスト4人も日本の七夕に合わせて全員が浴衣で登場
浴衣の着こなしもバッチリ! 皆さんよく似合ってます!
時折日本語も交えながら、キャストの皆さんが挨拶します。
マットさん(マット・リー/李見騰/簡英澤役)は「東京、行きたいです」と日本語で。

番外編も含め全編の配信が開始したということで、一つの区切りを迎えた心境を問われ、
ハオさん(ハオ・シー/石承鎬/傳理躬役)
「今までご覧頂いてありがとうございました。皆さん気に入っていただけましたか?」とコメント。
会場からは大きな拍手が上がりました。

マックスさん(マックス・リン/林上豪/鄭則守役)は「名残惜しい気がします。長かったと言えば長かったし、短かったと言えば短かったけれども、視聴者の皆さんが居て初めて完成できたものなのでとても感謝しています」

マットさん(マット・リー/李見騰/簡英澤役)は「SNSなどのコメントは全部見ています。皆さんの思いは届いてます。皆さんに会えるのを楽しみにしています」

キレイさん(キレイ・チェン/鄭齊磊/加藤勇気役)は「日本に行けなかったのがとても残念です。でもこの先4人で一緒に日本へ行って皆さんに会える機会もあると思いますのでその機会を楽しみにしています」と。
会場の参加者からの「台湾に行った際に訪れてほしい、オススメのロケ地は?」との質問には、
勇気が勤めるバー『浪苑』(東区にあるそう)や最終話で鄭傳CPが想いを再確認しあった球場(こちらは基隆にあります)があがりました。
ちなみに英澤のクリーニング店は台北にあるそう。
台湾で聖地巡礼出来る日が楽しみですね。
会場の参加者の皆さんもそれぞれ工夫をこらしたメッセージボードやうちわで台湾の4人へ思いを伝えます。

フォトタイムもあり、それぞれ甘いポーズを決めてくれたキャストの皆さん。
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません