白井悠介がギャル口調で「桧山的には~」杉田智和との裏話も!アニメ『スタンドマイヒーローズ』振り返り上映会PIECE1-4イベントレポート

お気に入りのシーンは?

キャストトークは「上映したばかりの第1話~第3話の中で、お気に入りのシーンは?」という質問からスタート。

高塚さんは、「荒木田さんの活躍する場面が多かったので、第1話はお気に入りのシーンがたくさんある」と前置きしたうえで、ラストの服部 耀との電話シーンをセレクト。

耀さんに『それでいいです』っていうところが好きです。荒木田さん、玲ちゃんの靴を見てたじゃないですか。ちょっとキツいことを言ったあとに見たので、それでいいですって受け入れたのかな」と、荒木田の心情の変化に着目しました。
白井さんは、「桧山的にはまだ顔見せ段階かなと思ったので、見どころはこれからですね。でもRevelとしては第2話」に注目。出だしの「桧山的には~」が一人称のように聞こえて客席から笑いが起きたため、「桧山的には~」をわざとギャルっぽい口調で話して盛り上げるひと幕もありました。

さらに、「神楽くんの典型的なツンデレ! 喧嘩に巻き込まれたときに手当てされて、コロって」と神楽へのツッコミも。

これには神楽役の山下さんも「『関係ないでしょ』って言いながら、しっかり腕は出してるっていう(笑)。かわいいんですよね」と共感していました。
55 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは