『刀剣乱舞』日本の伝統織物とコラボした長財布の第三弾、蜂須賀虎徹ら4振りが登場!

蜂須賀虎徹 【西陣織】

絹の風合いも美しく、太刀筋のように、幾重にも交わる華麗な流線――。西陣織の真価が見事に発揮された、惚れ惚れするようなデザイン。
蜂須賀虎徹にちなんだ“分銅”紋は、富を象徴する吉祥柄。髪の色をイメージした紫のステッチが、さりげないアクセントに。
■西陣織について
美しく染められた色糸を用いて、様々に高度な技法で文様を織り上げていく京都の伝統工芸「西陣織」。その歴史は平安時代にまでさかのぼり、室町時代には応仁の乱で避難していた職人たちが西軍の本陣跡で機織りを再開。これが“西陣織”の名の由来となったといわれています。今日も高級織物の代名詞として人気を集め、昭和51年には国の伝統工芸品に指定されています。
27 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは