凄腕シェフ・佐藤流司がお悩み解決!?『聖徳太子のレストラン』放送スタート。田村心、高崎翔太ら出演

掲載/更新 0

『聖徳太子のレストラン』画像3

佐藤流司さん

『聖徳太子のレストラン』画像4

田村心さん

『聖徳太子のレストラン』画像5

太田将熙さん

『聖徳太子のレストラン』画像6

鷲尾修斗さん

『聖徳太子のレストラン』画像7

反橋宗一郎さん

『聖徳太子のレストラン』画像8

高崎翔太さん

『聖徳太子のレストラン』画像9

ブラザートムさん

放送概要

【タイトル】『聖徳太子のレストラン』
【放送開始】2022年7月29日(金)26:00放送スタート

<ドラマ本編>
【出演】佐藤流司、田村心、太田将熙、鷲尾修斗、反橋宗一郎、高崎翔太、ブラザートム
【監督・脚本】米山和仁(劇団ホチキス)
【原作・製作】聖徳太子のレストラン製作委員会
【あらすじ】
住宅街の片隅、オンボロな小屋に掲げられた看板「聖徳太子のレストラン」。そこは、客が来ることのないレストラン。一人のシェフが、10のジャンルをきりもりする、“配達専用”のレストラン。
そのレストランは、和洋中に限らず、世界中のリクエストに応え、丼もの、ジャンクフードからスイーツ、あらゆるジャンルのメニューを展開している。
そのキッチンに立つのは、若いながらも卓越したテクニックを持つシェフ。
彼のレストランには客の代わりに、配達員が料理を取りに来る。
この物語は、聖徳太子のように、多くのメニューをさばき、かつ、配達員の悩みを聞く、まさに聖徳太子のごとき聖人と、その他もろもろかかえた若者との、心温まり、お腹が空く物語。

<バラエティパート>
【タイトル】『聖徳太子のキッチン』
【出演】佐藤流司、田村心、リュウジ
【原作・製作】聖徳太子のレストラン製作委員会
【内容】
ドラマ『聖徳太子のレストラン』に出てくる料理にちなんだレシピを料理研究家でありYouTube登録者数300万人のリュウジと佐藤流司・田村心がお届けする新感覚料理バラエティ番組。リュウジに教えてもらいながら佐藤流司と田村心が真剣に料理に取り組む姿や実際に作った料理を食べながらドラマの裏話や二人にまつわるエピソードが聞けたりと見どころ満載の企画となっている。

公式Twitter @shotok_official
(C)聖徳太子のレストラン製作委員会

エンディングテーマのオーディションを開催!

LINELIVEにてエンディングテーマオーディションが開催決定しました!

【オーディション概要】
2022年7月よりCBCテレビにて放送のドラマ『聖徳太子のレストラン』エンディングテーマオーディションイベントを開催!
この番組のために描き下ろされたエンディングテーマを歌唱するライバーを大募集!
【特典】
応援アイテムランキング1位
ドラマ『聖徳太子のレストラン』エンディングテーマの歌唱決定!

エンディングテーマ提供者
Rebrast/渡邊俊彦
【携わった楽曲】
乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」
IDOLISH7「Sakura Message」「Dear Butterfly」「太陽のEsperanza」
IZ*ONE「ご機嫌サヨナラ」「Waiting」など

【選考スケジュール】
予選A
【開始日】2022年6月21日(火)18:00:00
【終了日】2022年6月25日(土)20:59:59

予選B
【開始日】2022年6月26日(日)18:00:00
【終了日】2022年6月30日(木)20:59:59
※予選はA・Bの日程で2回開催されます。どちらの日程でご参加いただいても問題ございません。
※予選Aで決勝への進出が決定した方は、予選Bにはご参加いただけません。

決勝
【開始日】2022年7月3日(日)18:00:00
【終了日】2022年7月9日(土)20:59:59
※予選A・Bの応援アイテムランキング1〜5位(計10名)が決勝へ進出できます

オーディションの様子は「LINE LIVE」アプリにて
https://live.line.me/event/12841

■LINE LIVE概要
「LINE LIVE」は、『LIVE FOR FUN〜あなたのワクワクがみんなのHAPPYに〜』をミッションに掲げる、誰もが気軽にリアルタイムで動画配信を楽しめるライブ配信サービスです。何気ない日常トークをはじめ、音楽や歌のパフォーマンスなど、配信を通してすべてのユーザーが個性をありのままに表現し、楽しい時間を分かち合うことができます。毎日開催されているオーディションには、数多くのライバー(配信者)が参加しており、視聴者はコメントや応援アイテムを送って応援するなど、夢を叶えたいライバーと応援者が一緒に盛り上がれる空間を提供しています。

https://live.line.me/

22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません