舞台『血界戦線』第二弾公演開幕! ゲネプロレポート&キャストコメント解禁♪

INTRODUCTION

『血界戦線』とは
舞台は、かつて紐育(ニューヨーク)と呼ばれた街、『ヘルサレムズ・ロット』。
濃い霧の向こうに広がる「異世界」と現世を繋ぐこの地で、騒動が巻き起こる時そこには必ず『秘密結社・ライブラ』が姿を見せます。
この物語は、混沌とした街の均衡を守るべく、人知れず活動を続ける『ライブラ』の構成員たちの暗闘と『ヘルサレムズ・ロット』の異常な日常を群像劇的に描きます。

舞台『血界戦線』とは
シリーズ累計580万部を超える大人気漫画『血界戦線』を原作とした舞台。初演から1年を経て、ついに新作を上演。
初演では、豪華スタッフ・実力派人気俳優陣がオリジナリティ溢れる手法で、原作が持つ独自の世界観を再現し、多くの称賛の声が寄せられました。
また、演劇と融合したバンドの生演奏が好評を博し、2.5次元作品の概念を覆す豪華な演出で観客を魅了しました。
シリーズ第2弾となる今作は、生演奏パフォーマンスにヴァイオリンが加わり、前作よりパワーアップした音楽で舞台を彩ります。
また、原作でも大人気の堕落王フェムトを新キャラクターに加え、さらに混沌とした世界を表現。
今作も最高の制作陣で、観客を再びヘルサレムズ・ロットの世界に誘います。

公演概要

●タイトル:舞台『血界戦線』Beat Goes On
【東京】 2020年11月20日(金)~29日(日) 天王洲 銀河劇場
【大阪】 2020年12月3日(木)~6(日) メルパルクホール大阪

●原作:内藤泰弘『血界戦線』(集英社 ジャンプ コミックス刊)
●脚本・演出:西田大輔
●音楽:GIRA MUNDO

●キャスト:
レオナルド・ウォッチ:百瀬朔 クラウス・V・ラインヘルツ:岩永洋昭 ザップ・レンフロ:猪野広樹 
スティーブン・A・スターフェイズ:久保田秀敏 チェイン・皇(すめらぎ):長尾寧音 
ツェッド・オブライエン:伊藤澄也 K・K:安藤彩華 ギルベルト・F・アルトシュタイン:萩野崇 
堕落王フェムト:山本一慶
サックス:丹澤誠二 ドラム:KEN'ICHI ピアノ:安島萌 ウッドベース:玉木勝 ヴァイオリン:ソンイル
アンサンブル:大澤えりな 書川勇輝 神田愛莉 高士幸也 田上健太 夛田将秀 中野紗耶可 七瀬彰斗 眞実 横山慶次郎
ボイスアクター ネジ:阿部カノン 
29 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは