「してもろて」「呪術廻戦」etc. 2021年JK・JCトレンド予測が発表!空前のネトフリアニメブーム?

掲載/更新 0
IMAGE
これから女子中高生の関心がさらに高まると予測されるのは「ストーリーエフェクト(Instagram)」です。ストーリーズで使用できるエフェクトで、可愛く盛れるフィルターやおしゃれなエフェクトが「ストーリーズの質が上がる」と人気が出てきています。

また、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」も密かにダウンロード数を伸ばしています。人が集まりやすい学校や塾などでダウンロードが推進されていることから、使用する女子中高生が増えているようです。

Pokekara」は、採点カラオケアプリです。コロナ禍で気軽に集まってカラオケができなくなった中、カラオケしている気分になれると女子中高生の間でも人気が出てきています。

コトバ部門

「〜してもろて」は、YouTuberのパパラビーズが火付け役となった「〜してもらって」という意味の言葉です。「こっち来てもろて」「座ってもろて」などお願いをする際に、使用する女子中高生が急増中です。

「レモン少年」は、TikTokでバズったレモンを食べる少年から派生した言葉です。動画の最後で特徴的なポーズを決めており、そのポーズが面白くて可愛いことから「レモン少年」ポーズとして、写真撮影をする時に用いる女子中高生が出てきています。
(*)「JCJK調査隊」について

株式会社AMFが運営する、約100名の女子中高生マーケティング集団。市場調査や、企業の商品開発サポートなどを行っています。主な活動は、クライアント企業との座談会やアンケート調査など、女子中高生の代表としてメディア出演も多数。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません