花江夏樹&江口拓也インタビュー|DVD『おしのびバカンス in 沖縄』「僕が全裸になれる相手じゃないと……」

――今回は単発企画ですが、DVDの売上次第ではシリーズ化の可能性もあります。もし今度行くとしたら、どこに行きたいですか?

花江ドイツかオランダに行ってみたいです。旅行を楽しむなら、景色がきれいでご飯がおいしいところがいいですね。
海外じゃないと見られないもの、食べられないものもあるので、ぜひ叶えたいです。
限りある人生において、行きたい場所には行っておいた方がいいと思うんです。「行きたいなと思ったら行きなさい」というのが僕の信条なので。
皆さんにもぜひ行きたいところへ行ってほしいですし、僕たちも『おしバカ』の人気が出たら、ぜひ行きたいと思います!

江口僕もドイツかオランダですね。花江くんがすごく行きたがっているので(笑)。

花江:だってオランダは謎解きがすごいんですよ! リアル脱出ゲームが盛んで、「この謎を解いたら聖なる神殿が現れます」みたいなクエストを解くと、実際に扉が出てきたりして、演出が半端ないんです。

江口:僕は謎解きはあんまり詳しくないんですが……(笑)。
でも「海外に来たぞ!」という実感がわく場所がいいと思いますし、オランダならスタッフさんたちも一緒に楽しんでくれそうなので、行ってみたいです。
――もし今後ゲストを迎えたり、お互い別の人と一緒に行くことになったりした場合、誰を呼びたいですか?

花江:いないです。僕は江口さんとしか行きたくないです。これは本当です。ゲストもいなくて大丈夫です。……僕は、拓也じゃないと全部出せない(良い声)

江口:(笑)。全部出せないって、全裸になれないってこと?

花江:そうです。僕が全裸になれる相手じゃないと……。だって今日もシュノーケルのあと、全裸になって、2人でシャワーを浴びましたから。

江口:シャワーが1つしかなかったんですよ。時間がもったいないから2人で浴びようって。

花江:そこを渋るような人はダメです。裸でひっつけるような人ならいいです。

江口:え、ひっつける人?

花江:そうです。まぁ今日は江口さんとはひっついてないですけどね。

江口:プライベートではひっついてますからね。

花江:(笑)。まじめな話、“おしのびバカンス”なので、気を遣わないといけない関係の相手だと、いい映像にはならないと思うんですよね。

江口:確かにね。

花江:だから、やっぱり江口さんだけですね。……あとは小野賢章くんかな

江口おい!(笑)

花江:けんちゃんとは、最近急接近中なので!

江口:はぁ~? 僕だってけんちゃんとは南米旅行に行った仲だし、ずっと同じ部屋で過ごしてたからね?

花江:だとしたら、ゲストに呼ぶならけんちゃんしかいないですね。

江口:そうだね。というか、今回の沖縄も、賢章くんは「一緒に行きたい」ってずっと言ってたんですよ。ただスケジュールが難しくて駄目だったんですけど……。賢章くんと3人で行けたら楽しそうだね。
――ロケのために番組オリジナルパーカーとタオルを制作しましたが、いかがですか?

花江:パーカーは着心地がいいですね。軽いし、バカンスに適した素材だと思いました。さりげない番組ロゴもいいですしね。グッズ化された暁には、ぜひ日常生活で活用していただきたいなと思います。『おしバカ』のロゴ自体もかわいくて好きです。

江口:素材いいよね。デザインもかわいいですし。あとは今後、癒し大王、ペンくん、メロに続く『おしバカ』のキャラクターを生み出して、それもグッズ化してもらいたいですね。
22 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは