2021秋アニメ『鬼滅の刃』を抜いた1位は?原作本ランキング発表!『ブルーピリオド』『終末のワルキューレ』etc.

掲載/更新 0
『終末のワルキューレ(11)』

<あらすじ>
全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!!地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!?
壮絶な肉弾戦の果てに遂に決着した第5回戦。主神・ゼウスが第6回戦の代表に指名したのは天上天下唯我独尊男・釈迦であった。生まれて一人。生きるのも一人。闘うも一人。天上天下唯我独尊男・釈迦出陣…?

著者:アジチカ(作画)、梅村真也(原作)、フクイタクミ(構成)/出版社:コアミックス

第1位

『​ブルーピリオド(10)』

<あらすじ>
成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐちやとら)。ある日、一枚の絵に心奪われ、美大受験を目指して青春を燃やす。高2で絵を描くことの楽しさに目覚めたが、新しい仲間たちと受ける講義、課題、講評は厳しく…。凹んでモチベーションすら無くす日々。そしてそれは八虎のライバル世田介にも訪れる。そこで改めて世田介と向き合うため、「絵は好きか」と問うが…。

著者:山口つばさ /出版社:講談社

総評

第1位は、『ブルーピリオド(10)』。
2020年のマンガ大賞をはじめ、数々の漫画賞を受賞した話題の美術漫画です。

成績優秀かつスクールカースト上位、という傍から見たら充足していそうな主人公が、一枚の絵との出会いをきっかけに「本気で打ち込めること」を見つけ、美術の世界へ身を投じていきます。自分の好きなことってなんだったっけ、やりたいことって…? と考えるきっかけにもなる本作は、20代30代に人気です。特に20代男女からの支持が3割を超えました。9月22日に最新刊も発売され、さらに人気が加速しそうです。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません