蒼井翔太「胃袋が和みました」|『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』オフィシャルインタビュー到着!

IMAGE
――それでは今回のロケについてのお話を伺っていきます。最初に訪れた牛嶋神社はいかがでしたか?

蒼井:とても神聖なところで癒されました。牛さんも可愛かったですし、撫でてみたらいっそう可愛く感じました。あとは改めて参拝の作法や手順を教えていただいたことで、しっかり浄化された気がします。

斉藤:毎回いろいろな神社に参拝させていただいていますが、当然のことながら、それぞれの神社に特徴的なポイントがありますよね。今回の狛牛は1期・2期通して初めて見たんじゃないかな。収録時間が限られているので深く掘り下げるのは難しいんですが、どうして狛犬じゃなくて狛牛なのか紐解きたくなりました。今回の参拝では、心が清らかになると同時に、知的好奇心がくすぐられましたね。

蒼井「時代劇に出てくるようなお茶屋さんで、できたてのお団子を食べてみたい」

――続いて訪れた「埼玉屋小梅」さんでいただいた和菓子はいかがでしたか?

蒼井:お茶もお菓子もおいしかったです! お土産とか差し入れでいただくお菓子って、洋菓子が多いんです。もちろん洋菓子も好きなんですけど、普段あまり口にしない分、和菓子屋さんが気になってまして……。でもかしこまった外観のお店って、少し敷居が高く感じてしまって、一人ですっと入る勇気がなくて(笑)。だから今回、お仕事でイートインできる和菓子屋さんに行けて嬉しかったです! 胃袋がすごく和みました。

斉藤:しょーたんも言ってくれましたが、お店で作っているものをすぐに食べられるイートインって、一番おいしくいただけるシチュエーションですよね。僕、普段はあまり甘いものは食べないんですが、今日はすごくおいしく感じられました。とくに小梅団子のなかの胡麻団子がめちゃくちゃおいしかったです!

蒼井:イートインいいよね。僕、時代劇に出てくるようなお茶屋さんで、できたてのお団子を食べるっていうのに憧れてたから。

斉藤:ああ、軒先に大きな和傘があって、椅子に赤い布がしいてある感じの……。確かに時代劇に出てくるお団子って、妙においしそうに見えるよね(笑)。

蒼井:そうそう! 今日は軒先じゃなかったけど(笑)、できたてを食べられて嬉しかったです!
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは