ミュージカル『薄桜鬼 真改』相馬主計 篇が上演決定! 「『薄桜鬼』が、 生まれ変わる」

IMAGE
9/8(日)都内で開催された、 ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇のBlu-ray&DVD発売記念イベント終了後に、 ミュージカル『薄桜鬼』新作公演の開催決定が発表されました!

・原作 オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
・演出・脚本 西田大輔

演出・脚本:西田大輔氏よりご挨拶

「元号が変わった―――明治という時代が始まった」。

薄桜鬼の世界の中で、 千鶴が語った言葉のように、 「令和」という時代が始まりました。

長く守り続け、 愛されてきたものを一度置く、 という行為は、 とても勇気がいるものだと思います。
ですがその代わりに、 新しいものを創る時は、 それに負けないエネルギーを産むような気がするのです。

長く、 舞台のジャンルでも愛されてきた「薄桜鬼」だからこそ、 一度。
もう一度、 このゲームから始まった世界を、 考え直し、 一から真摯に創ってみたいと、 心から思っています。

「令和」から「真改」を携え、 舞台の「薄桜鬼」が、 生まれ変わる。

その言葉を胸に、 全力で向かいたいと思っています。

始まりは、 相馬主計に託します。 「真改」の意味を携えた、 新選組・最期の局長です。

新しい物語の始まりにふさわしい男だと、 思っています。

総合プロデューサー藤澤経清氏よりご挨拶

11 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは