10/7映画初日満足度ランキング、第1位は『HiGH&LOW THE WORST』!「男同士の熱い友情を感じた」との声

IMAGE

2位『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』92.8点

2014年に放送されたTVシリーズ『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』に続く、冴島雷牙シリーズの劇場版最新作『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』が第2位ににランクイン!


「良い映画だった。もう十何年も観ているので、懐かしいキャラクターが出てきた時には、ウルッときてしまった。愛情や絆に勝る武器はないと言えるくらいの素晴らしい愛情と絆が描かれていた」(48歳・男性)

「これまでのシリーズの集大成として見どころが満載だった。気持ちにドンッとくるものがあったので、これから観る人はネタバレ等の情報を入れないで、観たときのインパクトを素直に受け止めてほしい」(40代・男性)

「シリーズをすべて観てきたので、世代のバトンタッチなど、監督が良い意味でやりたいことを全部している感じで見応えがあった。親子3世代で楽しめる作品で、将来的には4世代でも楽しめる作品になると思う」(25歳・男性)

3位『ジョーカー』90.7点

バットマンに登場する人気キャラクターの誕生秘話を描くホアキン・フェニックスさん主演の『ジョーカー』が第3位になりました。


「ホアキン・フェニックスの鬼気迫る演技に圧倒されてしまった! ジョーカーの存在が社会に不満を持つ人々のヒーローになっているというのは、今、社会が分断されつつある中での皮肉だなと思った」(50歳・男性)

「予告を見たときからずっと楽しみにしていた。ジョーカーになった理由とか、これからあのジョーカーになっていくのかとか考えながら観ていたらすごく怖くなったし、あることに気付いた瞬間は震えた。狂気に満ち溢れているホアキン・フェニックスの演技やセリフ、表情がとても素晴らしい」(50代・女性)

「ホアキン・フェニックス自身も少し狂っているような人柄という印象があるので、役が重なって見えて、ジョーカーにぴったりだったと思う。舞台は少し前だけど、世界中で起きている貧富の差などはうまく描かれていて、現代にも通じるところだと思う」(40代・男性)
12 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは