石川界人「前回の石川の食レポが評価されたかな!?」|『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』オフィシャルインタビュー到着!

IMAGE

石川「次に行くときは、禅鍋を食べてみたいな。」

――そして最後は、石川さんご希望という精進料理を召し上がっていましたが……。

石川:はい、ここで伏線回収です! いや、衝撃でしたね……マジで味の解説ができないとは……。

斉藤:途中から、食べているものを当てにいくという競技が始まりましたからね(笑)。

石川:だって! 1品に対して4、5種類の食材が入っているんですよ。味が複雑すぎて、何が舌に一番早く来て、後に何が来て、何の香りが鼻に抜けてるのかっていうのがまったくわからなくて。でも、おいしいことは確かなんですよね。それが一番ビックリしました。僕はそれなりに食レポができる人間だと思っていたんですけど、自分のなかにあるフォーマットがまったく通じない新しい敵に出会ったかのようでした。たぶんあれをうまくレポートできたら、どんな番組でもいけるんじゃないでしょうか。

斉藤:完全予約制ということもあって、特別な日に大事な人と行くような、趣のあるお店だなと思いました。界人くんも言っていたとおり、複雑な旨味の組み合わせに最初はビックリしましたが、どれもおいしかったんですよ。特に気に入ったメニューもいくつかあって、うこぎの天ぷらとか田楽とか、あと湯葉巻きも好きでした。もし次に伺える機会があったら、次は日本酒をたっぷりといただきたいですね。

石川:次に行くときは、禅鍋を食べてみたいな。鍋の仕込みに1年かかるって書いてあったよ。

斉藤:1年! すごいねぇ。
――では、お2人でまた和心探しをするとしたら、どんなことをしたいですか?

石川:滝行と座禅! これ以外にはないです!

斉藤:界人くんが滝行して、僕が座禅をして、画面分割して同時に映すとかどう?

石川:それいいね! 俺が滝行で「あああああ!」って言ってる横で、壮馬さんがパチーンって叩かれて「痛って!」とか言ってる画が見たい(笑)。

斉藤:ほかにやるとしたら何だろう?

石川:弓道とか柔道とか……武道体験は面白そうじゃない?

斉藤:確かに! 合気道とかもやってみたいな。前回ゲストに来てくださった小西(克幸)さんは、居合斬りをやってみたいって。

石川:本当? みんな強くなりたいんだね。
19 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは