錦織圭選手が『弱虫ペダル』『ブラック・ジャック』とコラボ! 森永製菓「inバープロテイン」×「週刊少年チャンピオン」とは

『ブラック・ジャック』 手塚治虫先生

1928年(昭和3年)11月3日、大阪・豊中で生まれ。
1945年、大阪大学付属医学専門部に入学(1951年卒業、1953年医師免許取得、1961年医学博士号取得)。
1946年、『マアチャンの日記帳』(少国民新聞)で漫画家デビュー。
以後、『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『火の鳥』『アドルフに告ぐ』など、幼年向きから大人向きまで、あらゆるジャンルの漫画を描き続け、「漫画の神様」とも称されています。
生涯に描いた作品数は700以上、約15万枚と言われている。そのほとんどは、『手塚治虫漫画全集』(全400巻、講談社)にまとめられています。
1989年2月9日、逝去。行年60歳。兵庫・宝塚に「宝塚市立手塚治虫記念館」があります。

- 『ブラック・ジャック』作品内容
1973年第48号から1978年39号まで連載(その後1983年まで不定期連載)。無免許の天才外科医ブラック・ジャックが活躍する医学ドラマ。
ブラック・ジャックは、天才的な外科手術の技術を持ち、死の危機にさらされた重症の患者を、いつも奇跡的に助ける。しかしその代価は、いつも莫大な代金で…それでも彼の元には、今日も、あらゆる医者から見放された患者たちが、最後の望みを託してやってくる。天才外科医ブラック・ジャックが、その鋭いメスで人間の心の奥の本性をえぐる不朽のヒューマン大作!!

『弱虫ペダル』 渡辺航先生

35 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは