現場で巻き起こる「『スタミュ』いたよね?」現象とは!?アニメ『Opus.COLORs(オーパス カラーズ)』内田雄馬、逢坂良太、花江夏樹によるオフィシャルインタビュー

2023年春より放送予定のオリジナルTVアニメ『Opus.COLORs(オーパス カラーズ)』より、月見里和哉(やまなし・かずや)役の内田雄馬さん、多岐瀬響(たきせ・きょう)役の逢坂良太さん、都築純(つづき・じゅん)役の花江夏樹さんのスペシャル対談インタビューが到着しました。
『Opus.COLORs』画像3

『Opus.COLORs』画像3

『Opus.COLORs』は『高校星歌劇』(通称:スタミュ)のスタッフ陣が再集結して制作している新作アニメ。

鑑賞者の感覚にダイレクトに影響を与える没入型デジタル絵画“パーセプションアート”が生まれた10年が経った世界で、パーセプションアートの生みの親にして著名な『アーティスト』でもあった月見里夫妻の息子・月見里和哉は、幼馴染の都築純とともに、美術分野の名門・永茜高校に入学します。
和哉には自身もパーセプションアーティストになるという夢とともに、10年前に起こった『ある事件』をきっかけに自分のことを避けるようになった、“もうひとりの幼馴染”・多岐瀬響との友情を度取り戻すという目的がありました。

 (370645)

本作の主要キャラクターを演じる3人ですが、内田さんは申渡栄吾(さわたり・えいご)役、逢坂さんは入夏将志(いりなつ・まさし)役、そして花江さんは主人公の星谷悠太(ほしたに・ゆうた)役として『スタミュ』にも出演していました。

花江さんは『スタミュ』の方で主人公役だったがゆえに、「こんなド・メインのキャラクターは無理だろ。受からないだろ!と思っていたところもあったんですが、合格ということで。ちゃんと技術で受かったという」と自画自賛(?)、すかさず内田さんから「おいおいおいおい! うるせぇうるせぇ!(笑)」とツッコまれています。

さらに、スタッフにもキャストにも『スタミュ』関係者が多いからこそ、逢坂さんは「なんなら『スタミュ』出てない人にも「あれ?『スタミュ』いたよね?」って話してる(笑)」とのこと。制作スタッフ陣のこだわりやクセも見抜いている3人だからこその濃厚な内容のオフィシャルインタビューとなっています。

全文は、以下のプレスリリースより。

***

スタミュ制作陣が手掛ける、完全新作青春【アート】アニメ。メインキャラクターを演じるキャスト3名による、スペシャル対談インタビュー!作品の見どころやアフレコでのエピソード、気心知れたキャストたちの賑やか&和やか撮りおろし写真をお届けします。

内田雄馬・逢坂良太・花江夏樹 スペシャル対談インタビュー

『Opus.COLORs』画像22

『Opus.COLORs』画像22

◇役が決まったときのお気持ちをお話頂けますでしょうか。
内田 オーディション頂いたときにかなりたくさんキャラクター数があって。(月見里)和哉の他には、(由羅)拓海、(榊)知陽、(由羅)大樹とか、結構受けさせて頂いたんですけど。和哉はパッと見たときに、パッション溢れる人、元気な人の印象でした。個人的には、自分だとパワーが足りないんじゃないかと、和哉は俺じゃないかもと思っていました(笑)。なので、「和哉に決まりました!」という連絡を頂いて、意外というか、新しい挑戦になるなと思いましたし、任せて貰えるということで嬉しいな、頑張ろう! という気持ちでした。

逢坂 僕も、いろいろ受けさせて頂きました。何なら(多岐瀬)響は受けてなかった(笑)実はあえて避けてた部分もあるんですけど。最初に受けていた和哉、(難波)道臣、榊、大樹の中では、榊一点狙いな感じで、今までやったことのないキャラクターということで、気合入れて受けました。そこから追加で「響を受けてください」と言われて「そうなんだ、そこなんだ!?」と。追加で受けさせて頂いて、まさか受かると思っていなかったので、まず驚きですね。そもそも『スタミュ』を作っていた方々が新しく作る作品に携われるのが嬉しかったし、絵画の世界で音楽がどう扱われるのかというワクワク感も持ってました。

花江 同じく僕もいろいろ受けたんですけど、僕は(都築)純が一番やりやすかったかなという気がして。これはもらったな、と(笑)結構明るいんですけど、オーディションの台詞の中に「もやもやする」といった雰囲気の台詞があって。色んな顔や感情を持っている子だと思ったので、やってて楽しかったんですけどね。ただ僕、やっぱり『スタミュ』で主人公だったので、こんなド・メインのキャラクターは無理だろ。受からないだろ!と思っていたところもあったんですが、合格ということで。ちゃんと技術で受かったという。

内田 おいおいおいおい! うるせぇうるせぇ!(笑)。

逢坂 そういうの自分で言っていくんだ?(笑)。

花江 (笑)『スタミュ』も長かったですから、同じチームで新しい試みが出来るっていうところで、すごく嬉しかったです。


◇本作は「青春アートアニメ」であり、友情(絆)を取り戻す物語です。過去の出来事で距離が出来てしまった和哉と響、それを見守る純という関係性ですが、どんなことを意識してアフレコに臨まれていますか。キャラクター同士の距離感など、気を付けている部分があれば教えてください。

内田 和哉は見た目の印象よりも、ナイーブな部分がめちゃくちゃあって。特に響とは昔色々あって疎遠になってから、一緒に居たいのに居られない、みたいな、ウブな感じがあって。和哉を演じていると、気持ちで動く人ではあるけど、モジモジしてしまったりするところもあるし、意外に勢いだけじゃないんだなと。そういうところが自分としては親近感があるなと思いました。なので、響と相対するときとかは、どこまで響に踏み込んでいいかなぁと考えながら喋っています。逆に純は家族みたいなので、純と居るときは一番リラックスしているのだろうなと思いながらやらせて頂いてます。まあでも感情は出てくる人ですし、もともとは色んな顔をする人なので、それが結構面白さであるかなと思います。

逢坂 和哉に対しては、(取材時の)今の段階では、昔何かがあって疎遠になっている、っていう話しか言えないんですけど。ただどちらかというと、お互いがギクシャクしているというよりは、響が一方的にそう感じていて。自分のせいで、みたいな部分が一番強くて、和哉に対して後ろめたさがあり、素直になれない状態を演じています。ただ、1話収録のときテストで演ったら、「そこまで冷たくしなくていいです」って言われて。「ああそうなんだ!」って、それは衝撃を受けました。冷たくなくていいとなると、どうしようかな、と。なので後ろめたさを前面に押し出すよりは、フラットに、クールな部分を強めに出して、あまり感情的で冷たい部分を出し過ぎないように意識して演じています。純に対しては、まだあまり絡んでないんですけど(笑)、和哉よりフラットな感情で話せているんだろうなと思うし、ぽつりと言った言葉が本音だったりするんで、純に対しては普通に話せているんだろうなと思って接していますね。

花江 純は、そんな二人を間で取り持つというか、歯車的な? 潤滑油、“純”だけに!

内田 ん? うるせぇなぁ(笑)。

花江 (笑)。そんな潤滑油的に、二人の仲を回復させるような、冗談交じりだったり真剣にだったりしてアドバイスをしたり、あまり和哉に対しても追い込み過ぎずに、なんとなく気付いて貰える言葉をかけたりとか。気を遣って、空気を良くしてくれるっていうところが、純の良さだと思います。和哉に対しては、1話のアフレコのときに、「和哉よりも前向きで元気に」っていうディレクションがあって。和哉も元気な方とは思うんですけど、それを超えるパッションと勢いが純にあるといいですね、と言われたので意識はしています。『スタミュ』でいうと、星谷と那雪が逆転した感じ、と多田監督が言っていたので(笑)なるほど、そういう感じかあと。主人公の隣にいるキャラクターとしては珍しい感じで、僕のいいところが出ているキャラクターです(笑)。響に対しては、和哉のことで聞き辛いところはあるけれど、フラットに話せています。響の気持ちも分かろうとしてあげてるがゆえに、和哉にも、あまり強くは言えなかったり…もどかしさはありつつも、仲は凄くいいと思うんですけど。そこもこれから分かっていくのかなと思います。あとは純としては、道臣というキャラクターに対してが一番親しくって、従兄弟として信頼している感じが出せているかなと思います。

◇今回のインタビューの時点で、アフレコが丁度折り返し地点です。現場の雰囲気などはいかがでしょうか。現場でのエピソードなどがあればお聞かせください。

内田 現場でのエピソード、というか名前難しい問題がさー! 特に1話はマジでヤバかった(笑)。

逢坂 そう! 1話はみんな間違えた!! この二人も間違えたもん(笑)。

花江 やっぱり文字で見ちゃうからね。響を“ヒビキ”って言っちゃうし、道臣を“ミチオミ”って言っちゃった!

内田 あとジェネラルズの八柳(真)さんが全員をコールするっていうシーンがあって、僕らも小野大輔さんが演じてるのをその場で聞いてましたけど、めちゃくちゃ難しかった!! 文字も難しいし。

逢坂 あとアクセントもね!! 斑鳩(杏寿)とかさ、イカルガ↑? イカルガ↓? 大混乱だよ(笑)。

花江 榊と八柳がいて、そこもちょっと似てるんだよなぁ。

逢坂 知陽も読めねぇもん!! “トモハル”って読んでたよ。

花江 まぁでも涎先輩……いや、漣先輩よりは。

内田 懐かしい~~!!(笑) ありましたね!!

逢坂 え? なんで“ヨダレ”?

花江 『スタミュ』で「漣」ってキャラクターの文字が「涎」に似てて、そう見える! つって、第1期の頃に皆読めなかったんだよ(笑)。

内田 だから変わらず『スタミュ』の時代から、このチームで制作すると読みが難しい名前が出てくるってことで(笑)『スタミュ』のとき team 柊は干支が名前に入ってたし。

逢坂 干支だったのか! 初めて気付いた!

花江 華桜会は、春夏秋冬と四季、でしょ。

逢坂 俺たちは分かりやすい(笑)

内田 でもちゃんと1話で皆の名前を全部教えてくれるので、是非聞き逃さないように! 何度も聞いて覚えてほしいですね(笑)。

花江 現場の空気は、めちゃくちゃいいですよね。少人数で収録してますけど。

逢坂 まあ雄馬君がね。今回のアフレコブースって、3人まで入れるところと、1人のところがあるんですけど。一番喋る人が1人用のブースなので、雄馬くんが主役なのでそこで収録してますが。

内田 あれね、尋常じゃなく寂しい。

花江 だから休憩時間はロビーに出てくるよね。

内田 そう、みんなロビーにお集まりいただいて(笑)。

逢坂 くだらない話しかしてないけどね(笑)。

花江 健康の話とか。

内田 年齢が上がってきたな~。

逢坂 あと大体毎週言ってるのが、「またヒビキって言ったよコイツ!(笑)」とか。それも面白いのが! テストは完璧なのに、なぜか本番で間違える!!

内田 気持ちが入ってる状態で、喜び勇んで全力で間違える(笑)。

逢坂 たまに途中で気付いたなって分かるんですよ。でも止まれないから「ヒッ、キョウ!」って呼ぶんですよ。俺を卑怯呼ばわりしやがる。そりゃあ心も離れていきますよ。

内田 いやいや! 息を吸う音ですから!!(笑) ああ~離れていかないでぇ~。

逢坂 だって何故か響だけ間違えるよね?(笑)。

内田 響はね~個人的に、この字面がどうしてもヒビキ、なんだよなぁ。

花江 俺も響って、この字で“ヒビキ”って読む友達がいるからさぁ。フリガナ振ってても間違える。

内田 俺も! 何個も書いてるのに! 書いてるのに間違えているから、許してほしい。

内田&花江 ね~! オリジナルだからねぇ~。

逢坂 オリジナルを言い訳にすんな(笑)。

内田 気心知れたキャストばかりなので、かなり和気藹々としてます。全体の制作チームも馴染みがあるので、アットホームな現場(笑)。

逢坂 なんなら『スタミュ』出てない人にも「あれ?『スタミュ』いたよね?」って話してるね(笑)。

内田 あとまた梅原裕一郎のやってる灰島伊織って奴が、変なこと言うんですよ~。有罪とか前回(『スタミュ』北原廉)言ってましたけど、何か「Go to hell」みたいなこと言ってましたよね?

花江 ごぉ~とぅへるぅ?? そんなことは言ってない(笑)。

内田 違ったっけ(笑)でも梅くんが印象が強めのワードを言ったりするのは本当で、他にも気になるところはいっぱいあるから、そんな話をよくしてます(笑)。

 (370644)

◇3人の他にも、個性的なキャラクターがたくさん出てくると思いますが、皆さんが気になるキャラクターや、“推し”がいれば是非教えてください。

内田 俺のお父さん、福山潤さんだからなあ。

逢坂 俺のお父さん、鳥海さんだからなあ。

内田&逢坂 (笑)。

花江 なんか、結構語気が強い人が多くて。榊とか(御来屋)楓、麻秀とか、ガンガン上から言ってくる人たちが多いので、もしかしたらいずれ打ち解けるのかなと思うと、雪解けが待ち遠しい感じですねぇ。攻略のしがいがある人たちです。

内田 攻略(笑)。

逢坂 俺は伊織が元パートナーだったっていうので、どういう感じだったのか気になってますね。

内田 結構アーティストとグレーダーでバトってますからね。ペアによって様々ですが、個人的には榊かなあ。妖しい古川慎がイイなっていう。すごい好きなんすよ(笑)。

逢坂 榊はオーディションのときからキャラクターデザインすごく変わりましたね。

内田 あとはジェネラルズじゃないですか。この最強三人衆! みたいな(笑)。『スタミュ』の華桜会を彷彿とさせる、初手パーセプションアート!(笑) これを楽しみにして頂きたいですね。

花江 “ジェネラルズ”も言い辛いんだよなぁ~。

内田 ジェネラルズ。ちょっと濁点が多め(笑)。

◇和哉と純は「アーティスト」、響は「グレーダー」というポジションですが、皆様はどちらのタイプかお聞かせください。

逢坂&花江 雄馬はアーティストでしょ。

内田 (笑) そうですね、完全にプレイヤーなので、アーティスト側だなぁ。

逢坂 俺はそれでいくと、完全にグレーダーだな。表に出たくない(笑)。花江くんはねぇ、どっちもやっちゃうタイプがいたらそれなんだけど。

内田 今回はいないですもんね。2期があったら登場するかなぁ(笑)。

逢坂 絶対学校の屋上にいる奴じゃん(笑)。

花江 それ声はきっと浪川大輔さん(笑)。

三人 (笑)。

内田 でも確かに花江さんは、どっちも出来る気がするな。脳みそはグレーダーだけど、やることはアーティストって印象があります。

花江 いいな、格好いいな。

内田 だから2期からは純が「二人でなんてやってられない」ってなる(笑)。

逢坂 「アーティストとグレーダー? わざわざ分ける必要ある?」っていう展開ね(笑)。

◇本作は和哉が入学後「ステアケーサーコンクール」という学内コンクールのお話からスタートしていきます。前半までのアフレコを終えて、お気に入りの場面などありますでしょうか。

逢坂 どこというピンポイントではないんですが、響が毎回、何かしらデレて終わる(笑)。

内田 確かに!? なんだかんだ見捨ててないですしね。でもそこが演じてるときが難しいんですよ。和哉があんまり下手に出過ぎるのも良くないので。仲良くなる距離感が、リアルに探りながらやっています。そこは本編の物語と良い感じにリンクして表現出来ていると思うので、そこを見て頂きたいですね。

逢坂 あと歌があるんですけどね。今回ムズい!!

花江 俺も録った! 可愛い曲だったけど、歌詞が面白かったな。ドーナッツの穴をひたすら目指していた(笑)。

内田 えっ何それ、怖い怖い(笑)めちゃくちゃ気になる。

花江 純は比較的遊べる役なので、オフだったり顔が映ってないところで、やりたいようにやってるところを見て頂けたらなと思ってます。顔が映ってるところでも、口パク気にせずやってもいいよというところは、テンポ重視で。台詞を崩したり、イントネーション変えてみたり、突っ込むところとか JK 風にしたりしてますので、楽しみにしててください(笑)。

内田 それも気になるよ!!(笑)


◇最後に、本作を待っている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

内田 まずパーセプションアートって何ぞや、みたいなところだと思うんですけど。制作中の姿は VR、完成すると AR みたいな感じのデジタルアートということで。なかなかアニメでそういうデジタルアートを描くって、すごい挑戦だなと思っていて。でも現代にもありそうだなという、新しいキッカケを描いているのが、面白いと思っています。あと『スタミュ』のときからそうですけど、たくさんのひとの群像劇というか、コミュニケーションみたいな、色々なキャラクターが会話している姿がとても面白いので。是非新しい挑戦的な部分と、魅力的なキャラクターたちに注目して、楽しんで貰えると嬉しいです!

逢坂 基本的には、和哉と響が仲良くなっていこう! という話なんですけど、他のキャラクターたちがたくさんいるので、その間にちょこちょこそれぞれのキャラクターがフィーチャーされたりとか。全員個性が強いのですが、ちゃんと1話の中で、よく分かるように描かれていたりするので、楽しみにして頂きたいですね。あとは絵画と音楽をどう合わせるんだという楽しみも、皆さんと同じタイミングで完成品を見るのを、自分自身も楽しみにしているので、期待して頂きたいなと思います。

花江 パーセプションアートっていう新しい試み、しかもオリジナルで、って攻めてるなって思ったのですが、だからこそ『パスカラ』でしか味わえない魅力があるので、楽しみにして頂きたいですね。あとは、それぞれのペアの作品の個性が、ペアごとに違うと思うので、そこも楽しみに、この二人だったら、どんな作品が完成するのかっていうのを予想して注目して頂くのも良いなって思ったりしています。ON AIR を楽しみにしていてください!

作品概要

■TVアニメ『Opus.COLORs』作品情報
『スタミュ』制作陣が贈る 完全新作オリジナルTVアニメ 2023 年春より TOKYO MX ほか にて放送予定!
◆公式HP:https://www.Opus-COLORs.com
◆公式Twitter:@opus_colors

【STAFF】
企画・原案:ひなた凛 監督:多田俊介
シリーズ構成:ハラダサヤカ
キャラクターデザイン:渡邉亜彩美
色彩設計:水野多恵子(スタジオ・ロード)
美術監督:中原英統
撮影監督:堀内美咲
編集:黒澤雅之
音響監督:明田川仁
音楽:Ken Arai
音響効果:三井友和(サウンドボックス)
音響制作:マジックカプセル
アートパート サムネイル:大森友佳
プロット:真田りなこ
制作:OTOIRO
アニメーション制作:C-Station

【CAST】
月見里和哉:内田雄馬
多岐瀬響:逢坂良太

都築 純:花江夏樹
難波道臣:豊永利行

灰島伊織:梅原裕一郎
由羅拓海:島﨑信長

斑鳩杏寿:八代 拓
榊 知陽:古川 慎

御来屋楓:中島ヨシキ
桐乃江麻秀:鈴木崚汰
織堂優一:仲村宗悟
登世康平:山下大輝

由羅大樹:岡本信彦
中静理央:小西克幸
八柳 真:小野大輔

月見里直輝:福山 潤
月見里朱莉:名塚佳織
多岐瀬統梧:鳥海浩輔

【INTRODUCTION】
 鑑賞者の感覚にダイレクトに影響を与える没入型デジタル絵画、『パーセプションアート』が生まれておよそ10年。
今やすっかり世の中に浸透し、人々の生活を彩っている。
パーセプションアートの生みの親にして著名な『アーティスト』でもあった月見里夫妻の息子・月見里和哉は、幼馴染の都築純とともに、自身もパーセプションアーティストになるという夢を抱いて美術分野の名門・永茜高校に入学したばかり
そんな和哉には、もうひとつの目的があった。
それは、10年前に起った『ある事件』をきっかけに自分のことを避けるようになった、“もうひとりの幼馴染”との友情を度取り戻すこと......。
パーセプションアートの生みの親にして著名な『グレーダー』でもある父を持つ多岐瀬響は、永茜高校パーセプションアート学科のグレーダー専攻に通う 3 年生。和哉や純とは家族ぐるみの幼馴染だが、もう何年もの間 2 人を避け続けている。
響の心には、決して明かすことのできない傷跡があった......。
ぶつかり合い重なり合う、様々な“色”と“色”。
彼らの目に映るその景“色”とは?
今描き出される、青春【アート】ストーリーの世界へ、ようこそ。

(C)ひなた凛/Opus.COLORs 製作委員会

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

オタ腐★幾星霜