【1月14日(月)~1月20日(日)】今週のノベル新刊スケジュール 

1月19日(金)

撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ―弾丸魔法とゴースト・プログラム―  上川景(著)、TEDDY(イラスト)、鷲尾直広(メカデザイン)/KADOKAWA
黒兎伯爵の溺愛求婚 獣人伯爵様は、自称紳士な武闘派兎さんでした  百門一新(著)、春が野かおる(イラスト)/一迅社
5分後に緊迫のラスト  エブリスタ(編集)/河出書房新社
食べないお嬢と魔術学園の料理番  駿河ゲンゾウ(著)、Harcana(イラスト)/KADOKAWA
始まりの魔法使い 5 始まりの時代  石之宮カント(著)、ファルまろ(イラスト)/KADOKAWA
ヒトよ、最弱なる牙を以て世界を灯す剣となれ 2 グラファリア叙事詩  上総朋大(著)、細居美恵子(イラスト)/KADOKAWA
リビティウム皇国のブタクサ姫 7  佐崎一路(著)、潮里潤(イラスト)/新紀元社
ロクでなし魔術講師と追想日誌 4  羊太郎(著)、三嶋くろね(イラスト)/KADOKAWA


今週のピックアップ:『双血の墓碑銘』 昏式龍也(著)、さらちよみ(イラスト)

吸血鬼が欧米諸国を支配するという、架空の幕末が舞台となる本作。沖田総司やジョン・万次郎など歴史好きでなくともよく知る組織や人物が登場し、極限状態での異能バトルや吸血種の少女との逃避行など、一気に読み進められそうな幕末ファンタジーです。さらちよみさんの描く美麗なイラストにも注目です!

<公式あらすじ>

幕末。日本に開国を迫ったのは吸血鬼だった

1853年。日本は“吸血鬼”が支配する欧米諸国によって開国を迫られ、激動の時代を迎えていた――。元・新選組隊士の隼人は、仲間の裏切りによって命を落としかける。そこに偶然現れたのは、「自らに関する記憶」がない吸血種の少女・柩。隼人は「人間であることを捨ててでも復讐を果たす」ことを誓い、彼女の眷属となることを選んだ。
時を同じくして、欧米からは歴戦の英雄たちが柩を追って集結していた。彼らはそれぞれの特性を活かした“墓碑銘(エピタフ)”と呼ばれる血塗られた異能を操り、隼人と柩を追い詰める。さらに二人の前には、沖田総司やジョン・万次郎などのクセ者が次々登場し、物語は思わぬ方向に転がり始める……。隼人は復讐を果たすことができるのか? 柩はいったい何者なのか? 血沸き血踊る幕末維新奇譚、ここに開幕!!

12 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは