広告をスキップ
numan用語集「千金メイク」

千金メイク(せんきんめいく)

「千金メイク」の意味

「千金メイク」(せんきんめいく)とは、中華系お嬢様メイクのこと。メイクの特徴は以下の通り。
赤とゴールドを使い、ゴージャスかつ上品に仕上げる。

・ベースはマット系で抑え気味に
・アイシャドウは赤~ベージュの暖色系
・アイライナーは長め
・眉は自然な形
・リップはチャイボーグ系のはっきりした赤

メイクのコツは以下の通り。

▼ベース
アイシャドウやリップが濃いめで、全体として立体的な仕上がりになるため、ベースは抑え気味に。もともと顔立ちがはっきりしている場合は、顔の凹凸を主張しすぎない。

▼アイメイク
アイシャドウは、赤~ベージュの暖色系を使用。グラデーションをつけてまぶた全体に色をのせていく。アイライナーは、はっきりした黒。まつ毛にはっきりとした色をのせ、眉尻からさらに1センチほど長くラインをひいていく。この長いアイラインが中華風メイクのポイント。涙袋に明るい色をのせて立体感を演出。最後にゴージャスなゴールドのパウダーを、まぶたの中心、目頭にのせてアイメイクは完成。
眉は細くしすぎず、自然な形を利用。まぶたの上などの余計な部分だけカットして整える。眉毛が薄くある程度書かなくてはならない場合でも、眉根や眉尻をぼかして自然な仕上がりにする。

▼チーク
チークはオレンジ、赤系で軽く影をつける。あまり濃くしすぎると、アイシャドウやリップの赤と喧嘩してしまうので、薄めでOK。

▼リップ
チャイボーグ系のはっきりした赤で。グロスを使い、唇の中心から外側に向けてグラデーションを付けると、唇が印象的な仕上がりになる。

「千金メイク」の由来・語源

中国語では、大富豪のことを「千金」と表すことがあり「千金大小姐」で富豪のお嬢様の意味になる。お金持ちのお嬢様を思わせる、ゴージャスで上品なメイクのため、「千金メイク」と呼ばれる。

千金メイクの発祥は、台湾のモデル欧阳娜娜(オーヤン・ナナ)。女優、チェリストとしても活躍する彼女が、2021年のイベントに登場した際のメイクが「ゴージャスお嬢様スタイルで美しすぎる」として話題になった。
日本での「千金メイク」の火付け役は、スタイリストの小田切ヒロ氏。自身のYoutubeチャンネルで「次に流行る中華系メイクはコレ!」と紹介し「キレイ!」「ゴージャス!」と話題を集めた。

 

「千金メイク」の活用例

「わ、今日のメイクめっちゃゴージャスじゃない?」
「ゴールド系のパウダー使って中華系ではやってる千金メイクにしてみたんだ~。ちょっとお嬢様っぽくていいでしょ?」
「派手めだけど上品でいいね!」

中華メイク(ちゅうかめいく)

甜妹メイク(てんめいめいく)

白湯メイク(ぱいたんめいく)

チャイボーグ(ちゃいぼーぐ)

numan用語集

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます