2021夏アニメ、ライターが選ぶおすすめ作品10選!『うらみちお兄さん』『はめふらX』『かげきしょうじょ!!』etc.

2021夏アニメ、ライターが選ぶおすすめ作品10選!『うらみちお兄さん』『はめふらX』『かげきしょうじょ!!』etc.
2021年7月に放送の始まった夏アニメ。『Sonny Boy』『白い砂のアクアトープ』『RE-MAIN』『ひぐらしのなく頃に卒』などの“夏”を感じさせる新番組から、numanライター陣がオススメするアニメ10選をご紹介します!
7月に放送のスタートしたばかりの夏アニメ。

アイドル・芸能モノ『アイドリッシュセブン Third BEAT!』『うらみちお兄さん』『かげきしょうじょ!!』
ミステリー題材の『NIGHT HEAD 2041』『ひぐらしのなく頃に卒』
ファンタジー世界が描かれる、『ヴァニタスの手記』『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』
そして、夏らしい海や学校が登場する『Sonny Boy』『白い砂のアクアトープ』『RE-MAIN』

そんな2021年の夏アニメ10選を、numanで活躍するライター陣のオススメポイントとともにご紹介します♪

2021年の夏放送開始アニメの一覧はこちら!
■2021年夏アニメ最新まとめ!7月開始アニメ一覧【放送日順】
■2021年夏アニメ最新まとめ!7月開始アニメ一覧【五十音順】

アイドリッシュセブン Third BEAT!(3期)

2018年に1期、2020年に2期が放送された『アイナナ』のアニメ3期。
スマートフォン向けアプリゲームが人気の本作は、「小鳥遊事務所」に集められた未来を担うアイドルの卵たちがグループを結成し、華やかだが、時に厳しいアイドルの世界で頂点を目指す物語。

デビュー1周年を迎え、記念のライブツアー開催が決まった「IDOLiSH7(アイドリッシュセブン)」。
「TRIGGER(トリガー)」、「Re:vale(リヴァーレ)」も それぞれに華々しい活躍で注目を集めていたが――?
■オススメポイントはここ!
「IDOLiSH7アイドリッシュセブン、良きライバルであるTRIGGERトリガー、良き先輩Re:valeリヴァーレ、と皆が華々しい活躍をしているところに忍び寄る業界の闇の手――というゲーム勢が恐れていた“丁寧に描かれる地獄”の3期がいよいよ始まり、ここからの展開から目が離せない!

リアル過ぎる業界の仕組み、嘘、思惑、そして運命に抗えない現実、とキャラたちがこれからそれに直面していくのかと思うと“やめて! やっぱりやめないで!”という謎の感情。
3期で流れるはずの楽曲も名曲ぞろいなので必聴です」(加藤日奈)

遂にŹOOĻが登場です。
他ユニットとは一味違うテイストの、ワイルドなパフォーマンスに期待が高まります。
そして作品全体の見どころのひとつである、深く複雑な人間模様もいよいよ際立っていきますね……
随所で情緒をかき乱されつつ、キャラたちの生き様を存分に味わい尽くせる第3期のはず!」(白土夏海)

うらみちお兄さん

久世岳によるweb漫画が原作で、Pixivコミック内の『comic POOL』にて連載中。
教育番組「ママンとトゥギャザー」に出演する31歳の体操のお兄さん・表田裏道。通称“うらみちお兄さん”は子供たちに笑顔を振りまく優しいお兄さん。
でも、ときどき垣間見えてしまう“裏”の顔。爽やかな笑顔の裏には、あふれ出る大人の悲哀が隠されていた……!?
■オススメポイントはここ!
「子ども向け番組『ママンとトゥギャザー』に携わる大人たちの“悲哀”を描く本作。
うらみちお兄さんこと表田裏道さんのネガティブ思考に共感しながら、下ネタで爆笑する脳みそお花畑のいけてるお兄さんに癒やされ、うたのお姉さんのダメな恋愛話にホッとする……原作同様、アニメも多くの疲れたアラサーを救ってくれるはず! と期待してます」(とみたまゆり)

「某教育番組を彷彿とさせるとにかくシュールなギャグマンガが原作。主人公・うらみちおにいさんを始めとする、アクが強すぎるキャラ達のスピード感と勢いがアニメでどう描かれるのか非常に楽しみです。
そして、キャストにはこれまたアクの強い声優陣が大集結! 台本フル無視!? なフリーダム演技を期待していますw」(曽我美なつめ)

かげきしょうじょ!!

斉木久美子による同名漫画が原作で、白泉社『MELODY(メロディ)』に連載中。
大正時代に創設され、未婚の女性だけで作り上げる美しく華やかな舞台で、世代を超えて人々の心を魅了する「紅華歌劇団」。その人材を育成する「紅華歌劇音楽学校」に、高い倍率をくぐり抜け入学してきた第100期生たち。
“オスカル様”に憧れる、178cmの長身を持った天真爛漫な少女・渡辺さらさたちは、未来のスターとなるべく、日々奮戦する!
■オススメポイントはここ!
「煌びやかな舞台で活躍する歌劇役者を目指して、がむしゃらに努力する女の子たちの姿がアツい本作。
輝かしい世界を創り出す人々の裏の顔とも呼べる、愚直で泥臭くひたむきな懸命さにも胸を打たれる作品です。
華やかな舞台歌劇が原作漫画の紙面を飛び出し、色彩豊かなアニメ映像でどのように表現されるのかにも注目です!」(曽我美なつめ)

「演劇を題材にした作品が好きで原作も読んでいますが、原作のイラスト感を残したアニメイラストでとてもありがたいです。さらさの瞳のキラキラ感はアニメ化ならではの演出でワクワクしました。

千本木彩花さんの聞いているだけで元気が出る声が最高! 他のキャスティングも双子の沢田千夏・千秋に、双子の松田利冴さん・颯水さん、次期男役トップスターの里美星に元宝塚の七海ひろきさんを起用していたりと、スタッフ陣の愛とこだわりを感じています。

OPもとても良く、“君はまだ何者でもない、だからどんな未来だって叶えられる”というサビ前の歌詞でうっかり涙が出ました」(通崎千穂)
47 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは