𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬(びっぐらぶ)

2022.12.17

0

「ビッグラブ」の意味

「ビッグラブ」(びっぐらぶ)とは、「大好き」「愛してる」「ありがとう」「嬉しい」などのニュアンスを現すインターネット用語。
主にSNS投稿の文末や返信などに使用される。
また「大好きな~」「愛する~」など、好意や魅力を表す形容詞として使用したり、「大きな愛情」といった名詞として使用することもある。

2022年現在は、「𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬」「𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬______」など、特殊フォントを使用するケースも多い。
主に女性ユーザーによる使用が目立つ。

「ビッグラブ」の由来・語源

2013年の「ギャル流行語トップ10」にランクインした「BIG LOVE」から。こちらは特殊フォントではなかった。
仲里依紗と中尾明慶が結婚報告のため、報道陣に向けたファックスに用いた「二人の合言葉はBIG LOVE」から広まったフレーズで、メールやブログなどの文末につけたり、カップルや友達で撮影した写真に文字を入れ加工したりといった方面で流行した。
「BIG LOOOOVE」などアルファベットの数を増やすこともあった。

その後ギャルの間では廃れたものの、オタク界隈を中心に、SNS上の投稿ややり取りで使用されるように。
転じて「𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬な◯◯」など、形容詞としても使われるようになった。

特殊フォントを使い、より印象的に演出する「𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬」「𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬______」といった記載も目立つようになっている。
ハートマークや、ハートのハンドサインの絵文字と組み合わせることも多い。

「ビッグラブ」の活用例

会話文などでの「ビッグラブ」の使い方。

「◯◯くん……𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬……」
「推しカプがあまりにも可愛い。𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬______」
「◯◯最高!𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬!」
「今日は本当にありがとう!楽しかったです。𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬」
「このイラストは友達が描いてくれました。\𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬/」
「新しい衣装の推しが、まじで𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬過ぎるんだが」
「すぐに𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬を抱いてしまうオタクなので…」
「オタクは感動するとすぐに𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬……ってなっちゃうんだよな」
「◯◯ちゃん可愛い!𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬です」
「スタバでコーヒー買ったら『𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬』ってメッセージ書いてくれた」
「めちゃくちゃ𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬!!!!!愛!!!!!」

▼英語圏との親和性が高い?
英語圏では、手紙やメールの結びに「Love」「Big love」などをつけ、親愛を表すことがある。
オタク界隈の使用方法は、ある意味本場表現に近いと言えるかもしれない。

▼アンジュルムファンからの認知度
ハロー!プロジェクトのアイドルグルーム「アンジュルム」のファンは、男女問わず使用することが多い。
ライブ参戦後の感想や、推しへの称賛などで「アンジュルム最高でした…𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬…」などツイートする姿が目立つ。
もともとメンバーのブログタイトルや運営のツイートなどで、たびたび「𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬」が使用されることが由来と考えられる。
メンバーのひとり・船木結の卒業特番のタイトルは『船木結のアンジュルムBIG LOVE』であった。

▼自動車メーカーも「𝑩𝑰𝑮 𝑳𝑶𝑽𝑬」?
自動車メーカー「MINI JAPAN」では、環境のためにドライバーができることとして「BIG  LOVEマインドを携えて運転すること」と掲げている。

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

コメントを残す

  • ※内容に責任をもってご投稿ください。
  • ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。
  • ※内容が不適切であると当社が判断した場合は投稿を削除する場合があります。

特集記事

ランキング

電ファミ新着記事

numan公式Twitter