怖いのに…『ひぐらしのなく頃に』女子がハマるポイントは?「名言に泣く」「惨劇の先にメッセージがある」

怖いのに…『ひぐらしのなく頃に』女子がハマるポイントは?「名言に泣く」「惨劇の先にメッセージがある」
14年ぶりに再度アニメ化し、毎週考察でネットを騒がせている『ひぐらしのなく頃に』。思わず目を逸らしたくなるような描写も多い本作ですが、ハマっている女子も多いようで‥…皆が夢中になってしまう理由とは?
同人ゲームを原作に、2006年に初めてアニメされた『ひぐらしのなく頃に』(以下『ひぐらし』)。雛見沢村に引っ越してきた少年・前原圭一が「オヤシロ様の祟り」と言われる連続怪死事件に巻き込まれ、‟ループする惨劇”に仲間たちと立ち向かうことになるミステリー作品です。
可愛い女の子のビジュアルとグロテスクな描写のギャップや謎を解く面白さで人気を博し、家庭用ゲーム、実写映画など幅広くメディアミックスされました。

そして2020年10月、新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化され話題に。思わず目をそむけたくなる描写が多い本作ですが、ハマっている女性も多いようです。
今回は旧作からのファンの皆さんに改めて、『ひぐらし』の良さや、好きなポイントなど、『ひぐらし』の魅力をたっぷりと聞きました。なんだか怖そう……と避けていた人にも注目してほしい点をご紹介します。

【1】巧みなストーリー構成と伏線に夢中…!

まず『ひぐらし』でもっとも注目されているのは巧みなストーリー展開。
「××編」ごとに世界がループし惨劇の加害者や被害者が変わるため、毎回「次は誰が…?」と考察が大盛り上がり。
新作『ひぐらしのなく頃に業』も含めて、改めてその醍醐味を聞いてみました。

「毎回、シーンのどこに伏線が潜んでいるかわからないから、一瞬も目が離せない。
少しでも誰かが怪しい言動をすると、まさかこの人が黒幕…!?と想像してドキドキ。
さらに、今作『業』は旧作と‟反転”した要素が鍵になると噂なので、双方を見比べるのに夢中になってます」
18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは