尊さが爆発…!アニメ『ヘタリア World★Stars』第2話、猫耳の可愛さにファン悶絶。あの人にはお祝いの声も!?

掲載/更新 0
尊さが爆発…!アニメ『ヘタリア World★Stars』第2話、猫耳の可愛さにファン悶絶。あの人にはお祝いの声も!?
アニメ『ヘタリア』シリーズ第7期となる『ヘタリア World★Stars』(ヘタリアWS)。第2話では中国がパンダ外交に挑戦!しかし思わぬ姿を披露し「かわいいの大渋滞」と話題になりました。みんなの感想を振り返ってみましょう!
IMAGE
WEBアニメ『ヘタリア World★Stars』第2話「変なヤツら・後編」では、前回に引き続き世界会議が開催中。あのキャラはついに認知してもらえるのか、かたずをのんで見守る場面もありました。

後半では中国がパンダ外交のために日本の家を訪れ、なぜか猫耳姿を披露する羽目になったとか? 「かわいいの大渋滞」と話題になったポイントを振り返ってみましょう!
意気揚々とパンダを連れてやってきた中国ですが、そこには猫耳姿の日本が。
!?!?」、「猫耳大勝利」、「浄化される」、「猫耳祖国を見ることで今日も生きていけます、ありがとうございます」、「動く猫耳は反則」と、混乱と喜びのコメントが続出します。

自分にも似合うのでは、と思った中国は猫耳を手作り。「作業している部屋のランプがシナティちゃんww」と小ネタも含まれています。

最終的に中華風ゴスロリファッションを生み出してしまった中国。
「似合いすぎてて違和感ねぇ」、「かわいいヨロシ!」、「あれが似合う4000歳はきっと彼しかいない」、「さっきからこれしか言ってないけどかわいい」と、思わぬ姿でファンを喜ばせました。

第2話はかわいいの大渋滞?

「ほんとに2話が配信されてる……エイプリルフールじゃなかった」、「今週も供給があるなんて」とファンもまだ驚いている『ヘタリア』新作アニメの配信。
今回は中国がパンダ外交に挑戦したエピソードなどが描かれました。
もちろんほかのエピソードにも、多数のキャラクターが登場。
世界会議で地球を守るヒーローを作ろうと提案するアメリカには「めりかわ」、それを批判するイギリスには「ウインクかわいい」、「久しぶりに『ばかぁ』が聴けて昇天した」などの声が見られました。

その様子はまさに「かわいいの大渋滞」。5分間フルスロットルで駆け抜ける『ヘタリア』らしい回でした。

ついに覚えてもらえたあのキャラは……誰?

G8の一員としていつも忘れられるカナダですが、今回はセーシェルに名前を覚えてもらえた様子。
喜ぶ姿に「誰!? よかったね!」、「よかったね! ところで……誰?」とお祝いの声が寄せられました。
一方で今回もカナダに名前を覚えてもらえなかったのがクマ次郎さん
「クマ大五郎さん」と呼ばれていたため、「スタッフロールで役名がクマ大五郎になってるww」と、EDにもネタが仕込まれていました。テロップが一瞬で消えてしまうため、ぜひ一時停止して確認してみてください!

ニコニコ動画の配信ではEDの空耳字幕も作られ始めており、「『大きな輪を作ろう』が『沖縄を作ろう』にしか聞こえない」とのコメントも。字幕付きで見ると、本当にそう聞こえてきます。

5分番組ですが、「30分見た感がすごい」、「時が秒で過ぎ去った」、「5回くらい見ると落ち着く」と今回も大ボリュームだった『ヘタリア』。次回の配信もお楽しみに!
13 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません